Smart Lab Life

〜あなたの研究生活をちょっとハッピーに〜

Vol.5 不定詞・動名詞・現在分詞の使い分けをマスターしよう!

No.3 現在分詞/動名詞とto不定詞はどう使い分ける?

以下の動名詞/現在分詞とto不定詞のどちらが適当か分かるだろうか?

mice to lackmice lacking(例文38)
ability to reproduceability reproducing(例文32)
Our aim was to determineOur aim was determining(例文30:関連例文)
To determine ~ requiresDetermining ~ requires(例文29)
model for to elucidatemodel for elucidating(例文37)

正解はそれぞれの例文を見ていただければすぐに分かる.1番目と2番目の問題は,現在分詞とto不定詞の違いをよく示している.現在分詞は過去のこと,to不定詞は未来のことを意味する.ここでも,miceが何かを欠くようになったのは,この研究の時点より以前のことである.なお,lackingは名詞を後から修飾する形容詞句を導く語なので,動名詞ではなく現在分詞である.一方,abilityはこれから行うことができる能力について述べているので,to不定詞を用いることが納得できる.3番目の問題についても同様のことが言えるだろう.

4番目の問題のTo determine ~は,目的の副詞句(~するために)を作るために用いられることが多く,主語になることはほとんどない.一方,Determining で始まる動名詞句は,主語として用いられる.ここでは,requiresの主語となる名詞句が必要なので動名詞を用いるのがよいということになる.

最後のfor elucidatingとfor to elucidateは考えるまでもない.前置詞句の中身は名詞でなければならないx.たとえ名詞的用法であっても不定詞を使うことはできないが,動名詞を使うことはできるのだ.

<ここがポイント>

  • 形容詞的用法の場合,現在分詞は過去のことを意味し,不定詞は未来のことを意味するということを考えて使い分けよう.
  • よく見られるto不定詞,動名詞,現在分詞の用途は,表5-1のようになる.
 to不定詞動名詞現在分詞
名詞的用法補語/目的語主語/句の要素-
形容詞的用法形容詞句-形容詞句
副詞的用法目的の副詞句-分詞構文

表5-1. 不定詞,動名詞,不定詞の主な用途

超基本の英文法-英語の語順に親しむ 目次

Vol.1 英語の語順に対する理解を深めよう!!
No.1 英語は語順どおりに解釈する!
No.2 文の冒頭は,イントロか主語のどちらかで始まる!
Vol.2 英文構造の特徴はこれだ!!
No.1 後ろから説明する英語の不思議!
No.2 英文は,たった4つの品詞で成り立っている!
No.3 ミステリアスな副詞句!
Vol.3 論文でよく使われる文型をマスターしよう!!
No.1 論文英語は5文型よりも簡単!
No.2 自動詞+前置詞+ 名詞や他動詞+前置詞+名詞は,他動詞+目的語に似ている?
Vol.4 主語の見極めがポイント!
No.1 主語はどれ?
Vol.5 不定詞・動名詞・現在分詞の使い分けをマスターしよう!
No.1 不定詞ってどう使う?
No.2 動名詞と現在分詞はどう違う?
No.3 現在分詞/動名詞とto不定詞はどう使い分ける?
Vol.6 関係詞の使い方をマスターしよう!
No.1 関係代名詞・関係副詞の使い方のポイントはなに?
No.2 that節の使い方のポイントはなに?
No.3 まとめ(最終回)New

プロフィール

河本 健(Takeshi Kawamoto)
広島大学ライティングセンター特任教授.広島大学歯学部卒業,大阪大学大学院医学研究科博士課程修了,医学博士.高知医科大学助手,広島大学助手,講師などを経て現職.専門は生化学・分子生物学. 長年の研究経験を生かして,広島大学その他で英語論文の執筆支援等を行っている.
著書一覧
  • トップジャーナル395編の「型」で書く医学英語論文
  • ライフサイエンス英語表現使い分け辞典 第2版
  • ライフサイエンス英語動詞使い分け辞典
  • ライフサイエンス組み合わせ英単語
  • ライフサイエンス論文を書くための英作文&用例500
  • ライフサイエンス文例で身につける英単語・熟語
  • ライフサイエンス論文作成のための英文法
  • ライフサイエンス英語類語使い分け辞典

オススメコンテンツのご紹介