レジデントノート増刊 Vol.15 No.2

輸液スーパー指南塾

経過を追う症例問題で実践力を鍛える!

  • 長浜正彦/編
  • 2013年03月19日発行
  • B5判
  • 230ページ
  • ISBN 978-4-7581-0547-7
  • 定価:4,200円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
レジデントノート 定期購読のご案内
PDFダウンロード

本書では輸液を的確に投与するための必須知識を解説し,頻出の病態について現場さながらに経過を追う「症例問題」に挑戦できます!投与開始から停止のタイミング,禁忌まで網羅しているので確かな実践力が身に付く!

目次

第1章 実践に必要な輸液の基本~これだけ知っていれば大丈夫!

1.輸液の基本【長浜正彦】

  • 体液生理
  • 体液量の評価
  • 輸液療法の目的
  • 「輸液療法=補充輸液+維持輸液」
  • 「mg/dL」 vs 「mmol/L」 vs 「mEq/L」

2.体液生理学の基本【赤井靖宏】

  • 体液コンパートメント
  • osm regulation vs. volume regulation
  • volume depletion vs. dehydration
  • 体液生理学の評価に必要な指標

3.体液量の評価のしかた【小板橋賢一郎】

  • “hypovolemia(広義の脱水)”とvolume depletion,dehydration
  • 身体所見による体液量の評価
  • 静的指標による体液量評価
  • 動的指標による体液量評価

4.輸液製剤の種類と使い分け方【冨田弘道】

  • 細胞外液
  • 1号液~4号液:組成と使い分け
  • 炭酸水素ナトリウム~製剤説明&重炭酸リンゲル液と炭酸水素ナトリウム液
  • 血漿増量剤
  • Advanced Lecture:1. 細胞外液のその他の成分:糖,マグネシウム 2. HES

5.初期輸液,補充輸液,維持輸液の違い【鈴木倫子】

  • 輸液療法の種類
  • 輸液療法の注意点

6.3ステップで実践する初期輸液療法【西﨑祐史】

  • Step1. 脱水を“volume depletion”と“dehydration”に分けて考える
  • Step2. 脱水の程度は? 体液欠乏量を推測する
  • Step3. 初期輸液の基本は,“維持輸液+補充輸液” 輸液製剤処方の実際

7.利尿薬の使用方法(透析療法の適応)【玉垣圭一】

  • 主な利尿薬の作用機序
  • 利尿薬治療における注意点
  • 急性心不全での利尿薬の選択
  • 急性腎障害(AKI)での利尿薬の選択

8.栄養輸液処方の実際【大村健二】

  • 非侵襲時の必要栄養量
  • 慢性の低栄養患者に対する栄養輸液処方
  • 侵襲下にある患者に対する栄養輸液処方

9.輸液のセッティングについて【畑 啓昭】

  • 輸液に使う医療機器について
  • 管理・使用時の注意点
  • Advanced Lecture:PICC

10.輸血の基本【椎野泰和】

  • 輸血の種類
  • 輸血の実施
  • 輸血による電解質異常
  • Advanced Lecture:腎移植患者(血液型不適合患者)への輸血

第2章 症例問題で身につける輸液の実践力

1.脱水への輸液【三枝孝充】

症例問題
  • 下痢への輸液
  • 嘔吐への輸液
  • 高ナトリウム血症への輸液
脱水の基本知識・輸液の考え方
  • 人はどのように「水」や「塩」の変化を感知するか?
  • Volume depletionとdehydrationの診断
  • 脱水の原因
  • 脱水の輸液

2.循環器疾患への輸液【今井直彦】

症例問題
  • CKD患者が待機的心カテーテル検査を必要とする場合の輸液
  • ACSや急性心不全への輸液
  • 高血圧緊急症への輸液

3.腎疾患への輸液【田川美穂】

症例問題
  • AKI(ATN)への輸液
  • CKD患者の高カリウム血症への輸液
  • 透析患者への輸液
腎疾患の基本知識・輸液の考え方
  • 急性腎不全に対する輸液
  • 高カリウム血症のマネジメント

4.ICUの輸液【塚原知樹】

症例問題
  • 敗血症への輸液①
  • 敗血症への輸液②
  • 重症膵炎への輸液
敗血症の基本知識・輸液の考え方
  • 敗血症
  • EGDT
  • 晶質液 vs 膠質液
  • 生理食塩水とその他のより生理的な晶質液
  • 重曹水
  • 体液量の評価
  • Volume overloadをどうするか?

5.電解質異常への輸液【比良野圭太】

症例問題
  • 低ナトリウム血症①
  • 低ナトリウム血症②
  • 低ナトリウム血症③
  • 高カルシウム血症
電解質異常の基本知識・輸液の考え方
  • 電解質異常へのアプローチの原則
  • ナトリウム異常

6.体液過剰(心不全・ネフローゼ・肝硬変)への輸液【柴垣有吾】

症例問題
  • 浮腫のあるネフローゼ症候群への輸液・利尿薬の使用方法
  • 腹水のある肝硬変への輸液・利尿薬などの使用方法
  • 心不全への輸液・利尿薬の使用方法
体液過剰状態の基本知識・輸液の考え方
  • 浮腫性疾患では“有効循環血漿量”が低下しているのか?
  • 体液量過剰であっても,食欲のない患者に何も投与しないと“干からびる”のか?
  • 総論:浮腫性疾患の輸液をどう考えるのか?

7.救急(外傷・ショック)への輸液【田中和豊】

症例問題
  • 外傷(多発外傷・頭部外傷など)への輸液
  • 熱傷への輸液
ショックの基本知識・輸液の考え方
  • 定義
  • 病態生理と分類
  • 治療

8.糖尿病への輸液【長浜正彦】

症例問題
  • 高血糖患者への輸液(HHS)
  • 高血糖患者への輸液(DKA)
糖尿病の基本知識・輸液の考え方
  • 病態生理・臨床像
  • 血糖降下速度に関して
  • リン補充に関して
  • 重炭酸塩補充に関して

9.周術期の輸液【佐藤温洋/角田隆俊】

症例問題
  • 生体腎移植の周術期
  • 原発性副甲状腺機能亢進症の周術期
周術期の基本知識・輸液の考え方
  • 体内水分分布
  • 術前
  • 術中輸液
  • 術後

10.高齢者への輸液【大蔵 暢】

症例問題
  • 熱中症
  • 高度脱水
高齢者の基本知識・輸液の考え方
  • 高齢者の身体特性と輸液療法
  • 高齢者の体水分量診断
  • 高齢者の体水分量や電解質の異常への対応
  • その他の注意事項

11.小児への輸液【藤丸拓也】

症例問題
  • 医原性低ナトリウム血症
  • 経口補液療法
小児の基本知識・輸液の考え方
  • 小児の輸液療法
  • 経口補液療法

Column

「病態が判明するまで」とはどれぐらいの時間か

国試―臨床ギャップ=1/2生食はどこへ行った

透析か移植か 日米の透析療法をめぐるさまざまな違い

栄養学は生化学と臨床医学の掛け橋である

留置針の接続の注意点

脱「井の中の蛙」

Everything Bagel

生理食塩水の謎

亀と乳酸アシドーシス

3つの魔法 ―輸液・電解質・酸塩基平衡―

公平中立な医療

内科医のアイデンティティー

『症例問題2. 熱傷への輸液』より抜粋

輸液スーパー指南塾 立ち読み1 輸液スーパー指南塾 立ち読み2 輸液スーパー指南塾 立ち読み3 輸液スーパー指南塾 立ち読み4

-後略-

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】レジデントノート増刊:輸液スーパー指南塾〜経過を追う症例問題で実践力を鍛える!
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +336円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +890円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1140円
第2地帯(ヨーロッパ) +1140円
第3地帯(アフリカ、南米) +1490円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2180円
第2地帯(ヨーロッパ) +2400円
第3地帯(アフリカ、南米) +2740円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758116329
  • 9784758116312
  • 9784758116305
  • 9784758116299
  • 9784758116282
  • 9784758116275
  • 9784758116268
サイドメニュー開く

TOP