レジデントノート:ポリファーマシー その症状は薬のせい!?〜転倒、頻尿、認知機能低下などの本当の原因は...?多剤服用のリスクを知って、適切な処方を考えよう!
書籍を購入する
レジデントノート 2016年2月号 Vol.17 No.16

ポリファーマシー その症状は薬のせい!?

転倒、頻尿、認知機能低下などの本当の原因は...?多剤服用のリスクを知って、適切な処方を考えよう!

  • 矢吹 拓/編
  • 定価 2,000円+税
  • 2016年01月発行
  • B5判
  • 156ページ
  • ISBN 978-4-7581-1563-6
  • 販売状況: 在庫あり 
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬のリスクがまるごとわかる!薬の相互作用,副作用,処方の見直し方を解説.救急外来や病棟で出会うポリファーマシーの「何が問題なの?」「危険な薬の組み合わせは?」「具体的にどうしたらいいの?」に答えます.

内容見本
内容見本1内容見本2内容見本3内容見本4内容見本5
PDFダウンロード
序文(一部抜粋)

もちろん,薬を飲むことで安心したり満足したりするという患者さんもいます.でも,「こんなに薬飲んでて大丈夫かなあ?」という漠然とした不安を抱えながら医者には言えなかったり,実際に処方された薬を全部は飲んでいない患者さんもたくさんいます.先生には絶対に言わないで…と言いながら,毎回もらった薬を全部捨てていたという患者さんがいました.在宅訪問診療で自宅に伺ったら,薬の問屋さんか?と思うほど,多くの残薬を抱えている患者さんもいました.そもそもそれが嫌で通院しなくなってしまう方もいます.医者が思っている以上に患者さんは薬を飲みたくない,飲んでいないというのも事実です.「クスリのリスク」という表現で副作用については啓蒙されていますが,1つ1つの薬の副作用というだけではなく,薬をたくさん組み合わせて飲むことによって,実は害が起こるかもしれないということはあまり知られていないのではないでしょうか? 薬が増えれば増えるほど,組み合わせによる相互作用は指数関数的に増えていきますし,本来飲むべき薬が飲まれなかったり,処方自体がされなかったりということにも繋がっていきます.

(中略)

今回は「ポリファーマシー」の特集です.まだまだ日本では十分浸透しているとは言えないこの概念について,新進気鋭の若手総合診療医を中心に健筆を振るってもらいました.この言葉を聞いたことがある人もない人も,本特集を通じてその概念・問題点・具体的な介入方法などを学んでいただければ嬉しいです.「薬が多いのはいかん!」とか「薬をドンドンやめればいいんだ!」といった短絡的なメッセージが伝わるのも問題ですが,盲目的に「薬を飲んでいれば大丈夫」と思っている患者さん,「薬は多いとは思うけど,しかたないよね」と思っているような医療者がポリファーマシーについて考える機会になればと思います.これから臨床の現場で活躍していく若手の先生方がこの概念を知って,処方をするときに意識したり,情報提供したりしていくことが,これからの日本のポリファーマシーを変えていく1つの方法だと思っています.皆さんにとって,今回の特集が何かしらのきっかけになることを願っています.

目次

特集

ポリファーマシー その症状は薬のせい!?
転倒、頻尿、認知機能低下などの本当の原因は...? 多剤服用のリスクを知って、適切な処方を考えよう!

■ 編集/矢吹 拓
特集にあたって
過ぎたるは猶及ばざるがごとし【矢吹 拓】
1.【総論】多剤服用について考えよう!
“ポリファーマシー”を知っていますか?【矢吹 拓】
2.この症状って薬のせい?
ポリファーマシーの影響を考える【吉田英人】
3.先生,何かよい薬はないですか?
なぜポリファーマシーになるのか?【駒ヶ嶺順平】
4.入院時の持参薬が多い患者,どうする?
薬を整理する基本の考え方【北 和也】
5.この薬はどうやって止めたらよいでしょう?
具体的な薬剤の有害事象と中止法【青島周一】
6.危ない!この組み合わせ,本当に大丈夫?
危険な薬の組み合わせ【森 隆浩】
7.ポリファーマシー症例に挑戦!
具体的な思考プロセスを見る【駒ヶ嶺順平,矢吹 拓】

連載

実践!画像診断Q&A-このサインを見落とすな

  • 嚥下時違和感の原因は?【成松英俊,松本俊亮,陣崎雅弘】
  • 発熱,胸痛を主訴に来院した20歳代男性【北村淳史,山口哲生】

教えて! ICU Part3

第5回 肺塞栓症(PE)の治療【早川 桂】

症例で身につける! 病院総合診療医の視点 Part2

第4回 不明熱へのアプローチ【宮上泰樹,森田芙路子,内藤俊夫】

臨床推論から治療戦略へ! 循環器セミナー 実況中継Innovation

第10回 心電図③ ST上昇の一歩先へ(虚血編)〜21世紀に入って急性心筋梗塞の心電図の使い方はどう変わったか?【永井利幸,香坂 俊,西原崇創,水野 篤,田中寿一,猪原 拓】

こんなにも面白い医学の世界 からだのトリビア教えます

第17回 3秒ルールは本当か?【中尾篤典】

Dr.デシュパンデの はうつ~プレゼン in English

第3回 なあなあにしないvital & physical〜網羅的かつ具体的に【Gautam A. Deshpande,水野 篤,北田彩子】

眼科エマージェンシー こんなときどうする?

第3回 突然,目が見えなくなった!【加藤浩晃】

エッセイ対岸の火事、他山の石

第173回 幽霊の診断【中島 伸】

総合診療はおもしろい! 〜若手医師・学生による活動レポート

第30回 地域の皆さんに支えられながら〜山里の診療所で感じる,地域医療のやりがい〜【高橋 毅】

後期研修病院一覧〜方位磁針〜

近畿(大阪,兵庫を除く)

特別掲載 編集部レポート

日本救急医学会「第1回 全国医学生CPR選手権大会 決勝戦」

こちらの書籍もお勧めいたします

  • Common Diseaseの診療ガイドライン
  • この“ひとこと”でがらりと変わる! 医療面接のコツ
  • これが総合診療流!患者中心のリハビリテーション
  • 改訂第5版がん化学療法レジメンハンドブック
  • ステロイドの使い方・考え方
  • 骨粗鬆症マネジメント
  • 神経内科がわかる、好きになる

電子専門書店で購入する

ポリファーマシー その症状は薬のせい!?』は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • m2plus
  • VarsityWave eBooks
  • kinoppy
サイトメニュー開く