抗菌薬ドリル

感染症診療に強くなる問題集

  • 羽田野義郎/編
  • 2019年02月26日発行
  • B5判
  • 182ページ
  • ISBN 978-4-7581-1844-6
  • 定価:3,600円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

感染症の診断や抗菌薬の選び方・やめ方,アレルギー,感染対策など,感染症診療の基盤になる考え方が問題を解きながら楽しく身につく!やる気をなくすほど難しくはなく,笑い飛ばせるほど簡単じゃない,珠玉の73問に挑戦しよう!

目次

序【羽田野義郎】

解答記入用紙

略語一覧

1.これだけは覚える! 感染症診療に必要な微生物の知識【沖中友秀,山口浩樹,小松真成】

  • グラム染色に基づいて細菌を分類しよう
  • ヒトの常在細菌叢と病院環境中の細菌叢を理解しよう
  • 患者背景から原因菌を考えよう
  • 免疫異常ごとに微生物を分類しよう
  • 耐性菌を理解しよう
  • Advanced Lecture …抗菌薬の適正使用

2.【抗菌薬の基礎知識①】ペニシリン系・セフェム系【石原あやか,石岡春彦】

  • ペニシリン系・セフェム系抗菌薬の特徴と分類
  • 緑色レンサ球菌による感染性心内膜炎
  • 腸球菌による腎盂腎炎
  • 人工呼吸器関連肺炎
  • 猫咬傷
  • 市中発症の急性胆管炎

3.【抗菌薬の基礎知識②】カルバペネム系・抗MRSA薬【藤田浩二】

  • カルバペネムの使いどころ
  • カルバペネムを控えるべき理由
  • カルバペネムを上手に使おう
  • メロペネムを使用しにくい場面
  • 抗MRSA薬の使い方
  • Advanced Lecture…テジゾリド:新薬の吟味は慎重に

4.【抗菌薬の基礎知識③】その他の重要な抗菌薬(内服抗菌薬を中心に)【石井隆弘】

  • キノロン系抗菌薬の特徴
  • マクロライド系抗菌薬の特徴
  • ST合剤の特徴
  • テトラサイクリン系抗菌薬の特徴
  • 「念のため処方」をやめることからはじめよう

5.【抗菌薬の基礎知識④】その他の重要な抗菌薬(嫌気性菌,抗真菌薬)【細川貴弘,鈴木 純】

  • 嫌気性菌の分類・特徴
  • 嫌気性菌をカバーできる抗菌薬
  • メトロニダゾールを使いこなす
  • 抗真菌薬の使い方
  • カンジダ血症

6.ペニシリンアレルギー【水野なずな】

  • 非アレルギー反応
  • 重篤な遅発型反応
  • 即時型反応の特徴を欠く軽症反応
  • 即時型反応の特徴を有する反応
  • 曖昧な病歴の患者さん
  • Advanced Lecture…ペニシリンへの即時型反応の診断

7.抗菌薬の要否の判断 〜薬剤耐性(AMR)を防ぐのは僕たちレジデントだっ!〜【野木一孝,北 和也】

  • 感冒に抗菌薬は必要?
  • 急性鼻副鼻腔炎に抗菌薬は必要?
  • 急性下痢症に抗菌薬は必要?
  • 無症候性細菌尿に抗菌薬は必要?
  • 周術期感染予防のための抗菌薬

8.【診断のためのアプローチ①】市中の発熱へのアプローチ:感染症と身体所見【野溝崇史,和足孝之】

  • 発熱患者での注目ポイント
  • 診断に役立つ「発熱+α」10連発!

9.【診断のためのアプローチ②】POCT,血液培養,CRPとプロカルシトニン【古谷賢人,伊東直哉】

  • 尿中レジオネラ抗原検査の落とし穴
  • 血液培養のコンタミネーション
  • 血液培養ボトルの陽性パターンから原因菌を推定する
  • CRPは有用か?
  • プロカルシトニンは有用か?

10.empiric therapyの考え方【岡 祐介,濵田洋平】

  • 尿路感染症のempiric therapy
  • 市中肺炎のempiric therapy
  • CRBSIを疑う際のempiric therapy
  • 感染性心内膜炎のempiric therapy
  • 皮膚軟部組織感染症のempiric therapy
  • 髄膜炎のempiric therapy
  • Advanced Lecture…“重症=カルバペネム系薬+抗MRSA薬”でよいのか

11.効果判定・経過観察のしかた【山口裕崇】

  • 治療効果判定について考えること
  • 臓器特異的なパラメータ
  • 治療中の発熱で考えること
  • 治療失敗を危惧して考えること

12.培養結果が判明した後の抗菌薬選択,内服薬へ切り替えのタイミング【戸田祐太,森岡慎一郎】

  • 感染症診療のロジックを再確認〜自分は何を治療している?
  • Advanced Lecture①…MRSA肺炎
  • de-escalationとは?
  • de-escalationって必要なの?
  • Advanced Lecture②…ESBL産生菌に対するセフメタゾールの有効性
  • 内服薬へ切り替えるタイミング〜「COMS」

13.抗菌薬のやめどき・治療がうまくいかないときのアプローチ【山本泰正,倉井華子】

  • 市中肺炎の経過と治療のやめどき
  • 単純性腎盂腎炎の経過と治療のやめどき
  • 複雑性腎盂腎炎での考え方
  • 蜂窩織炎での考え方
  • 胆管炎に隠れた薬剤熱

14.菌血症のマネジメント【羽田野義郎】

  • 黄色ブドウ球菌菌血症のマネジメント
  • カンジダ血症のマネジメント
  • 末梢静脈カテーテル関連血流感染症のマネジメント

15.研修医に知っておいてほしい感染対策【堀内正夫,関谷紀貴】

  • 勤務すべきでない症状を知っておこう
  • 医療従事者として接種すべきワクチンを知ろう
  • 手指衛生について意識しよう
  • 血液・体液曝露事象の対応を知ろう
  • 感染予防策の種類
  • Advanced Lecture…感染した医療従事者の権利保護

コラム

名称が変わった細菌

βラクタム系アレルギーのtips

MICの注意点・MICを考慮すべき状況は?

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】抗菌薬ドリル〜感染症診療に強くなる問題集
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +288円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758106863
  • 9784758117890
  • 9784758117395
  • 9784758117746
  • 9784758118477
  • 9784758118507

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • VarsityWave eBooks
  • M2PLUS eBookStore
  • 医書.jp
  • Kinoppy
サイドメニュー開く

TOP