次号予告 - Next number -

次号2018年10月号(Vol.20 No.10)は9月10日発売予定です.

特集

肝機能検査の理解をおさらいしよう!(仮題)

編集/木村公則(がん・感染症センター都立駒込病院 肝臓内科)

血液検査でよくみるASTやALT,γ-GTPなどについて,皆さんはどのように解釈していますか? 肝機能検査の項目は数が多く,どの検査値に注目するべきかわからない,と苦手意識をもっている方も多いのではないでしょうか.

10月号では「そもそも検査項目は何を示しているの? 検査値からどうやって疾患を診断していくの?」といった疑問を解決できるよう,肝機能検査をやさしくシンプルにご解説いただきます.

  • 1)【総論】肝機能検査の基礎知識【木村昌倫,木村公則】
  • 2)どんな消化器疾患を疑ったときに,どんな検査が必要?【渡邊綱正】
  • 3)AST,ALT,ALPの上昇からどう鑑別する? 【下田慎治,裵 成寛】
  • 4)肝炎の種類は何があるの?【八橋 弘】
  • 5)急性肝炎の肝機能検査のコツ 【井上和明,與芝真彰】
  • 6)非飲酒者でγ-GTPのみが高い場合はどう診断する?【五家里栄,三浦光一,礒田憲夫】
  • 7)薬物性肝障害の診断のコツ【田中 篤】
  • 8)線維化マーカーはどう使えばいいの?【玉城信治,黒崎雅之】

連載

  • よく使う日常治療薬の正しい使い方
    • 「小児のかぜに対する薬の正しい使い方」(仮題)【堀越裕歩】
  • 循環器セミナー実況中継 The Reality of Drug Prescription
    • 「循環器関連薬剤 ⑩ 抗凝固薬:前編」(仮題)【監修/西原崇創 ほか】
  • その他

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.

サイドメニュー開く