次号予告 - Next number -

次号2021年11月号(Vol.23 No.12)は10月8日発売予定です.

特集

呼吸困難の対応 考えて、動く!(仮題)

編集/武部弘太郎(京都府立医科大学 救急医療学教室)

呼吸困難は切迫した場面で迅速な判断を求められるため,救急外来の現場で初期研修医が対応に迷う症候のひとつです.呼吸困難に適切に対応するためには,正しい鑑別や検査結果の解釈,状況に応じた治療まで幅広く理解しておくことが必要です.11月号では,救急外来で呼吸困難の患者さんに遭遇した際の対応についてわかりやすく解説します.対応をただ暗記するのではなく,病態やその先を考えながら実際に動けるよう,臨床現場での“思考プロセス”も学べます.

  • 【総 論】
  • 1)救急外来で遭遇する呼吸困難・呼吸不全の鑑別【瑞慶覧聡太】
  • 2)呼吸困難で役立つ検査 ①血液検査と血液ガス【仁平敬士】
  • 3)呼吸困難で役立つ検査 ②X線と超音波検査【沢田孝平】
  • 【各 論】
  • 4)気道緊急を回避せよ!【生塩典敬】
  • 5)COPD増悪・喘息発作【堀田亘馬】
  • 6)肺炎【山本一太】
  • 7)急性心不全【新井順也】
  • 8)小児の呼吸困難【大西康裕,竹井寛和】

連載

  • なるほどわかった! 日常診療のズバリ基本講座
    • 「看護師さんとの円滑なコミュニケーションにより充実した研修生活にしよう」【八木 悠,松原知康,新村正樹】
  • よく使う日常治療薬の正しい使い方
    • 「脂質異常症治療薬の正しい使いかた」【増田大作】
  • その他

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.

今後のラインナップ
2021年11月号 Vol.23 No.12(2021-10-08発行予定)
【特集】呼吸困難の対応 考えて、動く!
2021年12月号 Vol.23 No.13(2021-11-10発行予定)
【特集】敗血症患者を“一晩”診るために必要な意思決定(仮題)
増刊号 Vol.23 No.14(2021-11-19発行予定)
腎疾患の診察・検査 できてますか?
サイドメニュー開く

TOP