次号予告 - Next number -

次号2018年8月号(Vol.20 No.6)は7月10日発売予定です.

特集

POCUS(Point-of-care Ultrasound)~聴診器のようにエコーを使おう!(仮題)

編集/山田 徹(東京ベイ・浦安市川医療センター 総合内科・消化器内科),髙橋宏瑞(順天堂大学医学部 総合診療科),南 太郎(ブラウン大学 内科)

POCUS(Point-of-care Ultrasound)とはエコー検査のコンセプトの1つで,頻度の高い項目を診断や手技を行う医師が直接ベッドサイドで評価できるようにしたものをいいます.判断基準が標準化されていることから,研修医や非専門医でも検査の信頼性を保つことができ,また学びやすいものとなっています.8月号ではPOCUSの概要をご紹介いただくとともに,対象となる部位ごとの評価項目とそのポイントについて,画像・動画を交えてご解説いただきます.

  • 1)POCUSで知っておくべき超音波の原理・機器のセッティング【南 太郎】
  • 2)FOCUS(Focused Cardiac Ultrasound)【堤 健,北野夕佳】
  • 3)コラム:初心者のためのFOCUS のポイントとピットフォール【柴山謙太郎】
  • 4)肺エコー【遠藤慶太,山田 徹】
  • 5)コラム:横隔膜エコー【南 太郎】
  • 6)深部静脈血栓症に対する下肢血管エコー【本橋健史,小坂鎮太郎】
  • 7)腹部エコー【吉野俊平】
  • 8)コラム:POCUSとしての関節エコー【六反田 諒】

連載

  • よく使う日常治療薬の正しい使い方
    • 「局所麻酔薬の正しい使い方」(仮題)【菅野敬之】
  • その他

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.

サイドメニュー開く