画像診断Q&A

レジデントノート 2012年3月号掲載
【問題】本当に咽後膿瘍ですか?急性項頸部痛をきたす鑑別疾患のひとつです

  • 画像はクリック/タップで拡大します

症例

症 例
:70歳代 女性
主 訴
:頸部痛,頸部後屈制限
現病歴
:歯科受診し義歯を作り直した後,頸部痛および頭部後屈制限,頭部のぴりぴりした痛みを自覚した.近医受診し,咽後膿瘍疑いで当院耳鼻科紹介となった.既往歴に特記すべき事項なし.
入院時所見
:咽頭,咽頭後壁,扁桃に発赤・腫脹なし.後頸部に圧痛あり(第1から第3頸椎レベル).深部腱反射に亢進や左右差なし.他に異常反射なし
 
WBC 9,800/μL(好中球85%).CRP:3.5 mg/dL.肝機能異常なし
 
入院時頸椎単純X線写真側面像(図1)と頸椎MRI(図2,3)を供覧する

Question

  1. Q1. 診断は? 頸椎単純X線写真(図1)で第2頸椎の前方に注目せよ.
  2. Q2. この疾患の治療方針についてのべよ.

プロフィール

松岡 陽治郎(Yohjiro Matsuoka)
国立病院機構長崎医療センター放射線科
サイドメニュー開く

TOP