画像診断Q&A

レジデントノート 2015年1月号掲載
【問題】突然の胸背部痛.気づきにくい疾患ですが,目をこらして見てみましょう.

  • 画像はクリック/タップで拡大します

症例

80歳代女性.午前5時頃,排便時にいきんだところ突然の胸背部痛が出現した.
様子をみていたが症状が改善せず,両側上肢の痛みも出てきたことから家族が救急要請した.

検査所見:WBC 7,500/μL,Hb 11.6 g/dL,Hct 34.8%,Plt 16.3万/μL,APTT 26.1 秒,PT-INR 0.97,CRP 0.51 mg/dL,迅速トロポニンT 陰性,迅速H-FABP 陰性,CK41 IU/L,CK-MB<7 IU/L

既往歴:閉塞性肥大型心筋症,脳動脈瘤,高血圧,一過性脳虚血性発作,脂質異常症,腰椎圧迫骨折

内服薬:アムロジピン(アムロジン®OD),ビソプロロール(メインテート®),シベンゾリン(シベノール®),ランソプラゾール(タケプロン®),エチゾラム(デパス®),イコサペント酸エチル(エパデール),プラバスタチン(メバロチン®),イブジラスト(ケタス®カプセル)

Question

  1. 来院時の単純CTを呈示します(図1).
  2. Q1. どこに異常がありますか?(難問です)
  3. Q2. 考えられる病名は?

プロフィール

田村 謙太郎(Kentaro Tamura)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
陣崎 雅弘(Masahiro Jinzaki)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
サイドメニュー開く

TOP