画像診断Q&A

レジデントノート 2016年3月号掲載
【問題】腹痛を主訴に受診した60歳代女性

  • 画像はクリック/タップで拡大します

症例

症 例
:60歳代,女性
主 訴
:左下腹部痛
経 過
:朝4時から左下腹部を中心とした腹痛を自覚した.様子をみていたが,腹痛が増強するため午前10時に当院救急外来を受診した
既往歴
:胆嚢摘出術,腰椎椎間板ヘルニア
血液生化学検査
WBC 13,300/μL,RBC 465×104/μL,Hb 14.7g/dL,Plt 29.0×104/μL,BUN 12.5mg/dL,Cr 0.56mg/dL,Na 139mEq/L,K 4.5mEq/L,Cl 101mEq/L,CRP 0.07mg/dL ほか,特記すべき異常なし 赤字:高値

Question

来院時の腹部単純CT所見(図1,2:軸位断および冠状断再構成画像)を示す.

  1. Q1. 病変の局在は?
  2. Q2. 最も疑うべき疾患は?

プロフィール

遠山 兼史(Kenji Toyama)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
松本 俊亮(Shunsuke Matsumoto)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
陣崎 雅弘(Masahiro Jinzaki)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
サイドメニュー開く