画像診断Q&A

レジデントノート 2018年4月号掲載
大量の発汗,頻脈,意識障害で搬送された若年男性

  • 画像はクリック/タップで拡大します

症例

症例:
10歳代後半男性.
現病歴:
痙攣して呼びかけに反応しない傷病者を帰宅した家族が発見し救急要請.最近3カ月以内に受診歴なし,内服歴なし.頭部CT,MRI,血液生化学検査,髄液検査で特記すべき異常所見を認めず.著明な発汗あり.体温36.4℃.血圧122/67 mmHg,脈拍134/分.

Question

  1. Q1:CTの所見は?
  2. Q2:確定診断のために追加でどんな検査を行い,治療を行っていくか?

プロフィール

沢田孝平(Kohei Sawada)
岡山大学病院 卒後臨床研修センター
中尾篤典(Atsunori Nakao)
岡山大学 高度救命救急センター
サイドメニュー開く