画像診断Q&A

レジデントノート 2020年1月号掲載
発熱が続く60歳代男性

図1:腹部CT(軸位断,L3レベル)(画像:22ページ)
図2:腹部単純CT(軸位断,骨盤レベル)(画像:38ページ)

1/

:誌面掲載画像は赤枠で示す

最初 - + 最後

症例

症例
:60歳代男性.
現病歴
:2週間前に倦怠感と発熱で近医受診.肺炎が疑われたため抗菌薬の内服を開始,症状はやや改善するも持続するため当院受診.
身体所見
:体温38.1°C.咽頭発赤や呼吸器症状,腹部症状などは乏しく,一般診察上も感染フォーカス不明.
血液検査
:炎症反応高値.

Question

  1. Q1:腹部CTの所見は何か(図12)?
  2. Q2:診断と治療は何か?

プロフィール

山内哲司(Satoshi Yamauchi)
奈良県立医科大学 放射線科・総合画像診断センター
サイドメニュー開く

TOP