画像診断Q&A

レジデントノート 2020年1月号掲載
発熱,咳嗽,悪寒にて受診した40歳代男性

図1 胸部単純X線写真

症例

症例
:40歳代男性.
既往歴
:特になし.
喫煙歴
:なし.
飲酒歴
:なし.
現病歴
:4日前より発熱,咳嗽,悪寒があり救急外来を受診.胸部単純X線写真で異常陰影を指摘されたため,当科紹介となった.
身体所見
:意識清明,体温38.2°C,血圧 124/70 mmHg,胸部聴診上両側でcoarse cracklesを聴取,心雑音はなし.そのほか,身体所見に異常なし.SpO2 93%(room air).
生活歴
:旅行歴なし,ペット飼育歴なし.
血液検査
:WBC 16,320 /μL,Hb 13.4 g/dL,Plt 31.8万/μL,Alb 3.4 g/dL,AST 27 IU/L,ALT 58 IU/L,UN 7 mg/dL,Cr 0.88 mg/dL,Na 136 mEq/L,K 3.7 mEq/L,CRP 28.3 mg/dL.

Question

  1. Q1:胸部単純X線写真(図1)の所見は?
  2. Q2:鑑別として何を考え,どのような検査を行うか?

プロフィール

笠井昭吾(Shogo Kasai)
東京山手メディカルセンター 総合診療科・救急科
徳田 均(Hitoshi Tokuda)
東京山手メディカルセンター 呼吸器内科
サイドメニュー開く

TOP