画像診断Q&A

レジデントノート 2020年9月号掲載
びまん性にすりガラス影を呈した70歳代女性

図1 来院時胸部単純X線写真

症例

症例
:70歳代女性.
既往歴
:非結核性抗酸菌症,腰椎圧迫骨折.
常用薬
:エルデカルシトール,エソメプラゾール.
生活歴
:喫煙歴,飲酒歴:なし,
粉塵曝露歴
:なし.
現病歴
:非結核性抗酸菌症で定期通院中(病状は安定,経過観察のみ).入院4日前に,自宅の玄関で靴に防水スプレーを使用したところ,直後から咳嗽が出現.その後,発熱も認めた.入院2日前に近医を受診し,肺炎の疑いでトスフロキサシンを処方されたが改善せず,当院紹介受診となった.
身体所見
:両肺野にfine cracklesを聴取した.心雑音・腹部所見・皮疹なし.下腿浮腫を認めない.
血液検査
:WBC 7,180 /μL(Neu 71.7 %,Ly 20.6%),Hb 13.0 g/dL,Plt 22.8 万/μL,Alb 3.5/dL,AST 51 IU/L,ALT 31 IU/L,LDH 587 IU/L,BNP 33 pg/mL,BUN 11 /dL,Cr 0.53 mg/dL,CRP 9.4 mg/dL,KL-6 1,349 U/mL.
尿検査
:WBC(−),蛋白(−),潜血(−).
血液ガス(室内気)
:pH 7.446,PaCO2 34.2 Torr,PaO2 62.7 Torr,HCO3 23.0 mEq/L.

Question

  1. Q1:胸部単純X線写真(図1)の所見は?
  2. Q1:鑑別として何を考え,どのようなことを追加で行うべきか?

プロフィール

茂田光弘(Mitsuhiro Moda)
東京山手メディカルセンター 呼吸器内科
徳田 均(Hitoshi Tokuda)
東京山手メディカルセンター 呼吸器内科
サイドメニュー開く

TOP