画像診断Q&A

レジデントノート 2021年6月号掲載
乾性咳嗽を主訴に受診した60歳代男性

図1 来院時の胸部X線写真

症例

症例
:60歳代男性.
既往歴
:特記事項なし.
喫煙歴
:20本/日,20〜27歳.
吸入歴
:なし.
常用薬
:なし.
現病歴
:3~4週前より乾性咳嗽が出現し,数日前から軽度の労作時呼吸困難も自覚するようになったため当院を受診した.
身体所見
:意識清明,体温35.9℃,脈拍80回/分・整,血圧140/88 mmHg,呼吸数16回/分,SpO2 96 %(室内気).肺音:両側下肺の背側で捻髪音を聴取する.心雑音なし.
血液検査
:WBC 5,200/µL(Neut 73.2 %),Hb 15.2 g/dL,Plt 21.4万/µL.TP 7.3 g/dL,Alb 4.1g/dL,BUN 12.0 mg/dL,Cr 0.99 mg/dL,AST 32 IU/L,ALT 24 IU/L,LDH 217 IU/L,CK 65 U/L,CRP 1.31 mg/dL,KL-6 435.5U/mL
尿定性
:尿蛋白(−),尿潜血(−).

Question

  1. Q1:胸部X線写真(図1)の所見と鑑別診断は?
  2. Q2:本疾患の診断の手がかりとするため,追加で確認する身体所見は?

プロフィール

川述剛士(Takeshi Kawanobe)
JR東京総合病院 呼吸器内科
山口哲生(Tetsuo Yamaguchi)
新宿つるかめクリニック
サイドメニュー開く

TOP