画像診断Q&A

レジデントノート 2021年8月号掲載
咳嗽を主訴に来院した40歳代男性

図1 来院時の胸部X線写真
A)正面像

図1 来院時の胸部X線写真
B)側面像

症例

症例
:40歳代男性.
既往歴
:特記事項なし.
喫煙歴
:なし.
吸入歴
:なし.
常用薬
:なし.
現病歴
:来院から10年前の健診で軽度の左気胸を指摘されたが経過観察となっていた.さらに3年前の健診でも胸部異常陰影を指摘されていたが経過観察となっていた.来院1カ月前の健診の胸部X線写真で陰影の悪化を認めたため,当院へ紹介され受診した.
身体所見
:体温36.6℃,呼吸数16回/分,SpO2 97%(室内気).肺雑音なし.心雑音なし.関節炎なし,皮疹なし.その他膠原病を示唆する所見なし.
血液検査
:身長169 cm,体重41 kg,BMI 14.4 kg/m2.WBC 5,300/µL(Neut 69.6%,Lym 22.4%,Eos 1.0 %),Hb 14.4 g/dL,Plt 15.9万/µL.TP 8.0 g/dL,Alb 5.0 g/dL,BUN 18.2 mg/dL,Cre 0.82 mg/dL,AST 22 IU/L,ALT 16 IU/L,LDH 152 IU/L,CK 88 U/L,CRP 0.01 mg/dL,KL-6 366.3 U/mL.

Question

  1. Q1:胸部X線写真(図1)の所見と診断は?

プロフィール

川述剛士(Takeshi Kawanobe)
JR東京総合病院 呼吸器内科
山口哲生(Tetsuo Yamaguchi)
新宿つるかめクリニック
サイドメニュー開く

TOP