画像診断Q&A

レジデントノート 2021年11月号掲載
乾性咳嗽,微熱,労作時呼吸困難で受診した60歳代男性

図1 胸部単純X線写真

症例

症例
:60歳代男性.
既往歴・家族歴
:特記事項なし.
喫煙・飲酒歴
:なし.
常用薬
:なし.
現病歴
:3カ月前から乾性咳嗽が出現し,徐々に増悪した.1月前から37℃台の発熱が出現,近医で抗菌薬が処方され一時軽快するもすぐ再燃し,2週間前からは労作時呼吸困難が加わった.胸部単純X線写真で異常陰影が指摘され,精査・加療目的に当科入院した.
身体所見
:体温36.9℃,血圧115/87 mmHg,脈拍110回/分・整,呼吸数20回/分.胸部聴診上呼吸音異常なし.その他身体所見に異常なし.
血液検査
:白血球数14,710/µL(好中球82%,リンパ球12%,単球5%,好酸球1%),Hb 13.6 g/dL,血小板数31.8×104/µL,アルブミン2.5 g/dL,LDH 548 IU/L,BUN 11 mg/dL,Cr 0.8 mg/dL,CRP 18.3 mg/dL,KL-6 992 U/mL,可溶性IL-2受容体2,350 U/mL.
動脈血液ガス分析(室内気)
:pH 7.47,PaO2 56.0 Torr,PaCO2 38.5 Torr.

Question

  1. Q1:胸部単純X線写真(図1)の所見からどのような疾患を考えるか?
  2. Q2:本症例の原因となった基礎疾患を調べるためにどのような検査を検討すべきか?

プロフィール

石黒賢志(Kenji Ishiguro)
JCHO東京山手メディカルセンター リウマチ・膠原病科
徳田 均(Hitoshi Tokuda)
JCHO東京山手メディカルセンター 呼吸器内科
サイドメニュー開く

TOP