画像診断Q&A

レジデントノート 2022年2月号掲載
突然の血便を主訴に受診した90歳代男性

図1 腹部CT
A)単純CT

図1 腹部CT
B)造影CT(早期相)

1/

:誌面掲載画像は赤枠で示す

最初 - + 最後

図1 腹部CT
C)造影CT(後期相)

症例

病歴:
痛みなどの前兆なく,突然大量の血便を認めた.少し様子をみていたが,止まらないため救急要請.
既往歴:
慢性膵炎,左尿管拡張(以前から指摘).
身体所見:
真っ赤な血便を大量に認め,ズボンや下着は汚染された状態.腹痛の訴えはなく,圧痛なども認めない.

Question

  1. Q1:腹部単純CT(図1A),造影CT(図1B,C)の所見は?
  2. Q2:診断は?

プロフィール

山内哲司(Satoshi Yamauchi)
奈良県立医科大学 総合画像診断センター・教育開発センター

TOP