画像診断Q&A

レジデントノート 2022年4月号掲載
湿性咳嗽と発熱で救急搬送された80歳代女性

図1 来院時胸部単純X線写真(臥位)

症例

症例
:80歳代女性.
既往歴
:B型肝炎,左緑内障,左膝偽痛風.
職業
:無職.
喫煙歴
:なし.
飲酒歴
:なし.
家族歴
:なし.
アレルギー
:なし.
現病歴
:来院1週間前から湿性咳嗽が生じていた.来院当日に発熱し,体動困難となったため,救急要請し受診となった.
身体所見
:身長152.0 cm,体重70.0 kg,意識清明,体温37.4℃,血圧120/60 mmHg,脈拍数72 回/分・整,呼吸数18回/分,SpO2 94%(室内気).胸部聴診上,呼吸音は左背部で減弱.
血液検査
:白血球11,100 /µL(夜間検査のため分画不明),Hb 11.9 g/dL,Ht 35.0%,血小板27.2万/µL,AST 24 U/L,ALT 12 U/L,LDH 296 U/L,Alb 2.9 g/dL,BUN 14.6 mg/dL,Cr 0.83 mg/dL,CRP 5.10 mg/dL.

Question

  1. Q1:胸部単純X線写真(図1)の所見は?
  2. Q2:鑑別として何を考え,どのような対応や検査を行うか?

プロフィール

木下雄仁(Katsuhito Kinoshita)
聖路加国際病院 内科
西村直樹(Naoki Nishimura)
聖路加国際病院 呼吸器センター 呼吸器内科

TOP