画像診断Q&A

レジデントノート 2022年6月号掲載
突然の腹痛を主訴に受診した20歳代女性

図1 骨盤部MRI(横断像)
A)T1強調像

図1 骨盤部MRI(横断像)
B)T2強調像

図1 骨盤部MRI(横断像)
C)脂肪抑制T1強調像

症例

病歴
:就寝中に下腹部の痛みを感じて覚醒.増悪傾向のため夜間に救急受診.
既往歴
:不妊治療中(投薬はされていない).
身体所見
:左下腹部に圧痛,自発痛あり.反跳痛も認められる.
血液検査
:WBCおよびCRPが軽度上昇.

Question

  1. Q1:単純MRI(図1)の所見は?
  2. Q2:診断は?

プロフィール

山内哲司(Satoshi Yamauchi)
奈良県立医科大学 放射線診断・IVR学講座,教育開発センター

TOP