実験医学増刊 Vol.29 No.17

免疫学のブラックボックス

免疫記憶の制御と疾患治療

病原体を記憶する細胞と,アレルギー・癌に対するワクチンの有効性

  • 中山俊憲,徳久剛史,山本一彦/編
  • 2011年10月20日発行
  • B5判
  • 204ページ
  • ISBN 978-4-7581-0318-3
  • 定価:5,400円+税
  • 在庫:なし
    PDF版:あり
電子書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内
PDFダウンロード

癌やアレルギー疾患に対するワクチンの開発で,脚光を浴びている免疫記憶.本書では,T細胞・B細胞での抗原記憶メカニズムや微小環境の重要性,近年急速に発展しつつある疾患治療戦略の最前線などを大特集!

目次

第1章 T細胞免疫記憶の総合的理解

概論 T細胞免疫記憶研究の最先端と今後の展望【中山俊憲】

  • メモリーT細胞の形成と維持
  • B細胞メモリーとT細胞メモリーの対比
  • メモリーT細胞と疾患治療~花粉症を例に~
  • T細胞免疫記憶研究の紹介

1. CD4免疫記憶と機能維持─エピジェネティック研究から得られた新知見【小野寺 淳/堀内 周/中山俊憲】

  • 免疫記憶におけるエピジェネティック研究の位置づけ
  • Th2細胞分化誘導と機能維持機構
  • ChIP-Seq法
  • GATA3のChIP-Seq解析

2. エフェクター記憶CD4 T細胞の生成・維持に及ぼすOX40補助刺激シグナルの役割【宗 孝紀/石井直人】

  • T細胞の分化と補助刺激シグナル
  • エフェクター記憶CD4 T細胞の生成・維持機構
  • エフェクター記憶CD4 T細胞(Tem)の生成と維持にかかわるOX40シグナル
  • Temに発現するOX40を標的とした免疫制御

3. 樹状細胞によって誘導される長期に持続する抗腫瘍NK細胞機構【藤井眞一郎/清水佳奈子】

  • NK細胞活性化機構
  • 長期記憶NK細胞
  • NK細胞とDCのクロストーク
  • DCによる短期,および長期NK細胞活性
  • DCによる長期に持続するNK活性を誘導する免疫機構

4. 記憶CD8 T細胞分化とmTORシグナル経路【荒木幸一】

  • 記憶CD8 T細胞分化
  • mTORシグナル経路
  • 記憶CD8 T細胞分化におけるmTORの役割
  • mTOR阻害薬のワクチンアジュバントとしての可能性と課題

5. メモリーCD8 T細胞の恒常性維持メカニズム【瀬戸口留可】

  • IL-7
  • IL-15
  • CD4 T細胞ヘルプ
  • 臓器特異的なメモリーCD8 T細胞の恒常性維持メカニズム

6. Bcl-6による免疫記憶T細胞の分化制御【坂本明美】

  • メモリーCD8 T細胞の分化過程
  • メモリーCD8 T細胞分化におけるBcl-6の役割
  • メモリーCD8 T細胞の分化機構
  • メモリーCD4 T細胞の分化とBcl-6

7. 肺粘膜におけるメモリーCD8 T細胞移行・維持機構【高村史記】

  • 肺粘膜におけるCD8 T細胞二次免疫応答
  • 肺気道メモリーCD8 T細胞の特徴
  • 残存抗原によるメモリーCD8 T細胞の肺気道移行調節
  • 呼吸器粘膜プライミングによる肺指向性メモリーCD8 T細胞の誘導

第2章 B細胞免疫記憶の総合的理解

概論 B細胞免疫記憶研究の最先端と今後の展望【徳久剛史】

  • 一次抗体を産生するプラズマ細胞の分化
  • 胚中心B細胞の分化
  • 免疫記憶B細胞の分化と維持
  • 長期生存プラズマ細胞の分化と維持

1. B細胞記憶形成の多様性とその意義【竹森利忠】

  • 一次免疫反応でのB細胞ダイナミクス
  • 胚中心依存性,非依存性記憶B細胞の産生
  • 胚中心依存性,非依存性記憶B細胞の機能
  • 長期寿命を有する抗体産生細胞の胚中心依存性,非依存性の産生
  • Tfh依存性,非依存性のB細胞応答
  • 胚中心非依存性,依存性記憶B細胞の感染防御での役割

2. ウイルス感染局所における記憶B細胞応答【高橋宜聖/小野寺大志/小林和夫】

  • インフルエンザウイルス感染に対する記憶B細胞の産生経路
  • 記憶B細胞の定着部位
  • 記憶B細胞の活性化と感染防御

3. in vitroからみた記憶B細胞分化【野嶋卓也/北村大介】

  • in vitro培養系の確立
  • 誘導記憶B(iMB)細胞からみた記憶B細胞の機能

4. 記憶B細胞からプラズマ細胞への分化制御【米谷耕平/黒崎知博】

  • 記憶B細胞の場
  • 記憶B細胞からプラズマ細胞への分化
  • 記憶B細胞のプラズマ細胞分化における特徴

5. IgA産生における腸内免疫ネットワーク【國澤 純】

  • パイエル板におけるIgA陽性B細胞への分化
  • IgA陽性B細胞を誘導する組織としての孤立リンパ小節
  • 腹腔由来B細胞からの腸管IgA産生
  • 腸管IgA産生における腸内細菌の関与
  • 腸管メモリーIgA反応

6. 高親和性抗体産生のメカニズム【前田和彦/阪口薫雄】

  • 抗体のレパートリーと親和性亢進
  • シチジン脱アミノ化酵素AID
  • IgV領域SHM誘導の分子機構
  • RNA代謝とGANP
  • IgV領域親和性亢進とGANP

第3章 免疫記憶の成立環境と細胞移動ダイナミクス

概論 免疫記憶にかかわる細胞移動ダイナミクス研究の現状と今後の展望【長澤丘司】

  • 記憶T細胞
  • 記憶B細胞

1. 骨髄における記憶ヘルパーT細胞の維持【常世田好司】

  • 記憶細胞の定義
  • 記憶細胞が維持される環境
  • 記憶ヘルパーT細胞の維持機構
  • ストローマ細胞による免疫記憶の制御
  • 記憶ヘルパーT細胞の役割

2. CD8 T細胞移動ダイナミクス―ヘルパーT細胞の役割【隈本洋介/岩崎明子】

  • CD8 T細胞のプライミング
  • プライミング期のCD4ヘルプに関する古典的モデル
  • 前プライミング期におけるCD4ヘルプ─ナイーブCD8 T細胞のLN内局在の調節
  • 前プライミング期におけるCD4ヘルプ ─ナイーブリンパ球のLNホーミングの調節
  • エフェクター期におけるCD4ヘルプ

3. ケモカイン受容体CXCR3によるメモリーCD8 T細胞分化制御【倉知 慎/松島綱治】

  • 脾臓内組織構築とT細胞動態
  • CXCR3によるSLEC誘導機構
  • ケモカイン受容体によるCTL応答の制御

4. メモリーT細胞の生体内ダイナミクスの可視化―光変換タンパク質“カエデ”発現マウスを用いた解析【戸村道夫】

  • カエデマウスを用いた全身レベルでの免疫細胞動態解析
  • 健常時のリンパ節におけるメモリーフェノタイプT細胞の動態と意義
  • 感染応答によって誘導されたメモリーT細胞の全身動態解析

5. 骨髄の造血幹細胞ニッシェによる造血・炎症制御―ニッシェは脂肪骨前駆細胞か?【長澤丘司】

  • 造血ニッシェ細胞の同定
  • CAR細胞の本態と恒常的造血における機能
  • CAR細胞の慢性炎症における機能
  • CAR細胞と免疫記憶

第4章 免疫記憶と疾患・治療

概論 免疫記憶と疾患研究:現状と今後の展望【山本一彦】

  • 免疫学は感染症研究から始まった
  • 自然免疫,獲得免疫に関する遺伝子変異と免疫疾患
  • 多因子疾患としての自己免疫疾患と遺伝要因
  • 抗原特異的T細胞
  • 抗原特異的B細胞と治療抵抗性
  • 免疫記憶と疾患研究におけるヒト免疫の重要性

1. HIV-1感染症におけるHIV-1特異的CD8陽性T細胞【端本昌夫/滝口雅文】

  • HIV-1特異的CD8+T細胞のダイナミクス
  • HIV-1特異的CD8+T細胞の有効性とHIV-1の病態制御
  • HIV特異的T細胞の分化・成熟異常
  • HIV特異的T細胞のexhaustion
  • HIV-1特異的T細胞誘導によるワクチンの開発

2. マラリア感染と免疫記憶からワクチン開発へ【由井克之/木村大輔/都田真奈】

  • 赤外型感染と免疫応答
  • 赤内型感染と防御免疫,免疫病理
  • マラリアの記憶維持における抗原の必要性
  • ワクチン開発の現状

3. 関節リウマチとIL-17─Th17サブセットを超えて拡がる世界【佐藤浩二郎】

  • Th1/Th2サブセット―強力なパラダイム
  • 矛盾の蓄積
  • Th17サブセットの登場
  • Th17サブセットの変遷
  • Th17細胞の役割とは
  • 臨床との関連
  • Th17を超えて拡がるIL-17の世界
  • Th17とメモリーの深いつながり
  • 今後の展開

4. 炎症性腸疾患における真の治療ターゲット―腸炎惹起性メモリーCD4+T細胞【根本泰宏/渡辺 守】

  • 腸管粘膜免疫におけるメモリーT細胞
  • 腸炎惹起性メモリーCD4+T細胞
  • 炎症性腸疾患におけるIL-7/IL-7Rシグナルを介した腸炎惹起性メモリーCD4+T細胞維持機構
  • 骨髄は腸炎惹起性メモリーCD4+T細胞のリザーバーとして機能する

5. 多発性硬化症における免疫記憶制御【田中正美/中島一郎/藤原一男】

  • B細胞
  • T細胞
  • その他

6. CD4陽性CD25陰性LAG3陽性制御性T細胞による炎症治療【藤尾圭志】

  • CD4陽性CD25陽性制御性T細胞
  • CD4陽性CD25陽性制御性T細胞以外の制御性T細胞

本誌に掲載された企業広告をご紹介します.

掲載広告一覧

CSTジャパン(株)  [表2]詳細
東京化成工業(株)  [後付10]詳細
日本ミリポア(株)  [後付11]詳細
ベイ バイオサイエンス(株)  [後付12]詳細
(株)医学生物学研究所  [表3]詳細
トミーデジタルバイオロジー(株)  [表4]詳細
広告代理店
株式会社エー・イー企画
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-4-4 岩波書店一ツ橋別館4F
TEL 03(3230)2744(代表)/ FAX 03(3230)2479
E-mail:adinfo@aeplan.co.jp URL:http://www.aeplan.co.jp/

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学増刊:免疫学のブラックボックス 免疫記憶の制御と疾患治療〜病原体を記憶する細胞と,アレルギー・癌に対するワクチンの有効性
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +540円
送料 0円(5,000円以上,国内送料無料)
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +820円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +1050円
第2地帯(ヨーロッパ) +1050円
第3地帯(アフリカ、南米) +1370円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2180円
第2地帯(ヨーロッパ) +2400円
第3地帯(アフリカ、南米) +2740円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758103831
  • 9784758122436
  • 9784758125260
  • 9784758122429
  • 9784758122412
  • 9784758122405
  • 9784758125246

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker