次号予告実験医学増刊号

次号 実験医学増刊 Vol.36 No.7(2018年4月20日発行予定)

骨格筋の恒常性と代謝・全身性制御の最前線(仮題)

編集/武田伸一先生(国立精神・神経医療研究センター)

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに【武田伸一】

序章 超高齢社会に向けて:骨格筋と老化研究最前線

  • Overview【田中 栄】
  • 1)ロコモティブシンドロームとサルコペニア:コホート研究から【吉村典子】
  • 2)フレイルとサルコペニア【小川純人】
  • 3)筋骨格系の老化【萩野 浩】
  • 4)慢性腎不全患者におけるサルコペニアの病態と対策【内田信一】
  • 5)骨格筋老化の分子メカニズム【上住聡芳】
  • 6)ミトコンドリアからみた骨格筋の老化【井上 聡】

第1章 骨格筋の発生と再生

  • Overview【深田宗一朗】
  • 1)筋再生と進化【千葉親文】
  • 2)筋発生と筋再生【佐藤貴彦】
  • 3)筋幹細胞研究の最前線【深田宗一朗】
  • 4)クロマチンからみた筋再生【大川恭行】

第2章 骨格筋量・質の調節機構

  • Overview【武田伸一】
  • 1)筋肥大・筋萎縮メカニズム【亀井康富】
  • 2)ホルモン・ドーピング【今井祐記】
  • 3)骨格筋と神経支配—神経筋接合部の役割【山梨裕司】
  • 4)栄養・運動による骨格筋量・質【秋本崇之】

第3章 骨格筋の代謝の調節機構

  • Overview【小川 渉】
  • 1)エネルギー代謝と骨格筋【清水宣明】
  • 2)がん悪液質【布川朋也】
  • 3)糖代謝と骨格筋【小川 渉】
  • 4)脂質(代謝)と骨格筋【島野 仁】

第4章 骨格筋の他(多)臓器連関

  • Overview【田中廣壽】
  • 1)神経・精神活動と骨格筋【Jorge Ruas】
  • 2)骨格筋と脂肪【梶村真吾】
  • 3)骨格筋と骨【中島友紀】
  • 4)骨格筋と免疫【村上正晃】

第5章 骨格筋疾患研究の最前線・展望

  • Overview【青木吉嗣】
  • 1)筋萎縮治療薬開発の現状【大澤 裕】
  • 2)遺伝性筋疾患に対する治療薬開発の最先端【青木吉嗣,野口 悟】
  • 3)糖鎖異常の修復を目指した筋ジストロフィーの治療研究【金川 基】
  • 4)iPS細胞を用いた筋ジストロフィーの治療研究【櫻井英俊】
  • 5)ゲノム編集技術を利用した筋ジストロフィーの治療戦略【堀田秋津】

第6章 骨格筋の解析技術の基本・進展

  • 1)骨格筋標本の作成・基本染色・電顕【埜中征哉】
  • 2)定量的な骨格筋の解析技術(筋径, ファイバータイプ, NMJ, 再生実験, その他組織学)【野口 悟,上住 円】
  • 3)骨格筋の機能解析(Grip, Treadmill, Tail suspension,自発運動,筋張力)【谷端 淳,野口 悟】
  • 4)誘導型Cre発現マウスの利用と選択方法【細山 徹,深田宗一朗】
  • 5)骨格筋幹細胞実験(FACS, Single myofiber)【林晋一郎,小野悠介】

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.