次号予告実験医学増刊号

次号 実験医学増刊 Vol.36 No.12(2018年7月20日発行予定)

スクラップ&ビルドで発達する 脳神経回路と高次脳機能(仮題)

編集/榎本和生(東京大学大学院理学系研究科,ニューロインテリジェンス国際研究機構),岡部繁男(東京大学大学院医学系研究科)

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

序にかえて【榎本和生】

第1章 脳発達を駆動する脳神経回路再編メカニズム

  • 1)シナプス【岡部繁男】
  • 2)神経突起【長谷川恵理,榎本和生】
  • 3)神経幹細胞【影山龍一郎】
  • 4)グリア細胞【和氣弘明】
  • 5)小脳【柚崎通介,掛川 渉】
  • 6)視床―大脳皮質【山本亘彦】
  • 7)体性感覚【岩里琢治】
  • 8)嗅覚回路【竹内俊祐,冨樫和也,榎本和生】

第2章 脳発達と回路再編により生み出される高次脳機能

  • 1)記憶【奥山輝大】
  • 2)言語学習【杉山−矢崎 陽子】
  • 3)睡眠【林 悠,大石 陽,柳沢正史】
  • 4)報酬行動【岡本 仁】
  • 5)社会性行動【菊水健史】
  • 6)知覚【村山正宜】

第3章 脳発達・再編と病気・障害

  • 1)発達障害【内匠 透】
  • 2)統合失調症【笠井清登】
  • 3)老化【佐藤亜希子】
  • 4)疼痛【鍋倉淳一】
  • 5)障害【伊佐 正】
  • 6)うつ病【加藤忠史】

第4章 脳発達と再編の仕組みを研究するための最新技術・モデル

  • 1)脳透明化【今井 猛】
  • 2)全脳イメージング【真野智之,上田泰己】
  • 3)シナプスラベリングと操作【林】
  • 4)光遺伝学【今吉 格】
  • 5)コネクトーム【窪田芳之,川口泰雄】
  • 6)ブレインマシーン・インターフェース(BMI)【平田雅之】
  • 7)オルガノイド【永樂元次】
  • 8)マーモセット【岡野栄之】

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.