次号予告実験医学増刊号

次号 実験医学増刊 Vol.39 No.17(2021年10月20日発行予定)

核酸医薬 本領を発揮する創薬モダリティ

編集/横田隆徳(東京医科歯科大学 脳神経病態学分野(神経内科))

  • 序にかえて(核酸医薬とは、歴史と最新動向)【横田隆徳】
  • 核酸医薬の新しい潮流:超希少疾患治療 N-of-1+ 創薬【山田大貴,吉岡耕太郎,横田隆徳】

第1章 モダリティ

  • 1)アンチセンス核酸―要素技術と医薬品創生【小寺 淳,佐々木隆史】
  • 2)mRNAを制御するモダリティ:siRNA と miRNA―分子的作用機序から開発動向まで【浅野吉政,小林芳明,程 久美子】
  • 3)ヘテロ2本鎖核酸(仮)【横田隆徳】
  • 4)アプタマーの医療応用【秋山桃子,植木亮介,山東信介】
  • 5)mRNA医薬・mRNAワクチンの基礎と応用【中西秀之,位髙啓史】
  • 6)DNAオリガミを用いた分子デリバリーシステム【遠藤政幸】
  • 7)ゲノム編集技術と核酸医薬【中尾樹希,山本剛史,山吉麻子】

第2章 化学

  • 1)核酸医薬の化学 総論―修飾核酸と機能評価【秋田智香,川上純司】
  • 2)モルフォリノ核酸の合成と性質【鶴﨑太樹,佐藤一樹,和田 猛】

第3章 DDS

  • 1)核酸医薬の体内動態を制御し,薬効を最適化するナノ医薬の設計【宮田完二郎】
  • 2)リガンド連結による受容体介在の核酸医薬デリバリー【宮田健一,余郷能紀】
  • 3)核酸医薬における非侵襲的な投与ルートと DDS【金沢貴憲】

第4章 生物学

  • 1)核酸医薬の体内動態【西川元也】
  • 2)核酸医薬の細胞内動態― 1 本鎖,2 本鎖,DNA,RNA,ヘテロ...構造と挙動【小野大介】
  • 3)ヌクレアーゼ/核酸分解酵素―RNase Hを中心に【原 倫太朗】
  • 4)RNA編集を応用した核酸医薬開発への展望【河原行郎】
  • 5)Long noncoding RNAを標的とする創薬医学研究【石黒太郎, 廣瀬哲郎】

第5章 毒性

  • 1)概論(仮)【小比賀聡】
  • 2)アンチセンス核酸におけるRNase H依存型オフターゲット効果【正木慶昭,清尾康志】

第6章 その他

  • 1)医薬品開発における核酸分析の現状と近未来像【柿田 穣,溝口潤一,加藤真基,山田朋宏,長谷部 隆】
  • 2)核酸医薬 CMC と新規液相合成法AJIPHASE®【高橋大輔】
  • 3)レギュレーション(仮)【井上貴雄】

第7章 疾患別

  • 1)筋ジストロフィー(仮)【永田 哲也】
  • 2)がん(仮)【竹下文隆】
  • 3)脂質代謝異常に対する核酸医薬品の開発【和田郁人,斯波真理子】
  • 4)神経疾患【吉岡耕太郎】

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.

今後のラインナップ
増刊号 Vol.39 No.17(2021-10-20発行予定)
核酸医薬 本領を発揮する創薬モダリティ
2021年11月号 Vol.39 No.18(2021-10-20発行予定)
【特集】個体発生とオルガノイド〜パターニングの理解と制御(仮)
2021年12月号 Vol.39 No.19(2021-11-20発行予定)
【特集】みんなのバイオDX(仮)
増刊号 Vol.39 No.20(2021-12-05発行予定)
細胞外小胞の生物学(仮)
実験医学 定期購読
サイドメニュー開く

TOP