次号予告月刊実験医学

次号・2020年5月号 Vol.38 No.8(2020年4月20日発行予定)

特集/マルチオミクス
使って得られた最新の知見と、測る前に知っておきたい最新技術(仮題)

企画/大澤 毅(東京大学先端科学技術研究センター)

シークエンサーや質量分析計など測定機器の技術革新により,トランスクリプトミクスやプロテオミクス,メタボロミクスなどさまざまな階層のオミクスがより簡便で安価に解析できる時代になってきました.本特集では,複数の階層(マルチオミクス)の統合により,がん・免疫・神経・腸内細菌など複雑な生命現象のさらに深い理解をめざす研究を紹介します.また,解析機器と解析方法の最前線も合わせて紹介することで,マルチオミクス解析の具体的なイメージと,マルチオミクスで広がる世界をお届けします.

  • 概論―マルチオミクス研究のすすめ【大澤 毅】
  • 肥満 × マルチオミクス【黒田真也】
  • がん微小環境 × マルチオミクス【大澤 毅】
  • がん悪液質 × マルチオミクス【河岡慎平】
  • 腸内細菌 × マルチオミクス【福田真嗣】
  • シングルセルにおけるエピゲノム情報の計測技術【大川恭行】
  • 統計的モデリングによるマルチオミクス解析技術【島村徹平】

連載

  • いま知りたい!!
    • 大学での学術研究から生まれる発明は誰のもの?(仮)【隅藏康一】
  • クローズアップ実験法
    • 染色済み組織標本の再利用を可能にする新規脱色法(仮)【小澤秋沙】
  • その他

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.

今後のラインナップ
増刊号 Vol.38 No.7(2020-04-20発行予定)
疾患に挑むメカノバイオロジー
2020年5月号 Vol.38 No.8(2020-04-20発行予定)
【特集】マルチオミクスを使って得られた最新知見
2020年6月号 Vol.38 No.9(2020-05-20発行予定)
【特集】酸素環境と臓器バイオロジー(仮)
増刊号 Vol.38 No.10(2020-06-05発行予定)
医食同源:食と自然治癒力(仮)
2020年7月号 Vol.38 No.11(2020-06-20発行予定)
【特集】環境因子と発がんの分子メカニズム(仮)
増刊号 Vol.38 No.12(2020-07-20発行予定)
Fibrosis―多彩な間質細胞が織りなす組織リモデリングの理解(仮)
実験医学 定期購読
サイドメニュー開く

TOP