次号予告月刊実験医学

次号・2019年10月号 Vol.37 No.16(2019年9月20日発行予定)

特集/医療ビッグデータ解析時代のAI駆動型がん研究
WHAT and HOW can we do? (仮題)

企画/浜本隆二(国立がん研究センター研究所がん分子修飾制御学分野)

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の人工知能(AI)技術の飛躍的な進歩により,医療ビッグデータの解析が可能な時代となってきました.特に,深層学習技術の台頭により,医用画像解析・ゲノム解析を中心に,AI技術を疾患の診断・治療および創薬などへ応用する試みが世界レベルで進んでいます.現在,世界の潮流となりつつある「プレシジョン・メディシン」の推進には,最新のIT技術やAI技術が必要不可欠であり,医療現場との密接な連携のなか,最先端IT技術を取り込み,世界の開発競争に勝ちうる体制を日本でも構築していくことが求められています.本特集では,AI技術を活用した医学研究における日本のトップランナーの研究者に,最新の知見とその可能性を論じていただきます.

  • 概論―がん研究における人工知能活用の重要性【浜本隆二】
  • 機械学習を用いたゲノム・エピゲノム研究【瀬々 潤】
  • 人工知能を用いた臨床ゲノム解析【井元清哉】
  • 深層学習を用いた内視鏡画像解析【山田真善】
  • 人工知能を用いた細胞・組織画像解析,病理画像診断【山本陽一朗】
  • 人工知能を用いた放射線画像解析【小林和馬】
  • AI創薬の現状と未来【奥野恭史】
  • 【フォーラム】がん以外の領域にみる医学研究×AI の可能性
  • 人工知能を用いた出生前診断【小松正明】
  • 人工知能を用いた精神疾患症状定量化の試み【岸本泰士郎】
  • 人工知能を用いた網膜剥離と緑内障のスクリーニングシステム【升本浩紀】
  • 人工知能・機械学習による大規模ゲノムコホート解析【田宮 元】

連載

  • いま知りたい!!
    • 研究につまづいた時に力をもらえる本 (仮)
  • Trend Review
    • Gideon Dreyfuss先生とのエピソード (仮)【甲斐田大輔】
  • その他

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.