次号予告月刊実験医学

次号・2024年7月号 Vol.42 No.11(2024年6月20日発行予定)

特集/がん間質に増生する
CAFの本態・状態・多様性とその機能(仮題)

企画/榎本 篤(名古屋大学大学院医学研究科分子病理学・腫瘍病理学)

シングルセル解析の普及に伴い,がん関連線維芽細胞(CAF)の多様性が明らかになりつつあります.さまざまなCAFの分類が提唱されていますが,個々のCAF亜群の意義は必ずしも明確に証明されていないことも多く,また,それらの亜群は個々のCAFの「状態」の違いをみている可能性もあります.また,CAFの本態および機能の理解に基づく治療法の開発は,多くの製薬企業が興味を有していることと存じます.本特集では,CAFの多様性や機能に関する基本的事項について,各執筆者の先生の専門的なご研究のご紹介とあわせてご執筆いただきます.(企画者より)

  • 概論【榎本 篤】
  • がん進展・転移におけるCAFの機能【折茂 彰】
  • マウスモデルおよび培養細胞再構成実験により明らかとなるmyCAFの機能【加藤琢哉】
  • がんの進展および腫瘍免疫制御におけるiCAFの機能と意義【仁科隆史】
  • Meflin陽性がん抑制性CAF【榎本 篤】
  • CAFの代謝制御のしくみとその意義【石本崇胤】
  • がんの悪性化に関わる老化CAFの意義とその臨床応用【高橋暁子】
  • CAFの起源の多様性とそれぞれの意義【小林大貴】

連載

  • いま知りたい!!
    • コバレントドラッグ―がん、感染症…対象を広げる新しい低分子医薬(仮)【進藤直哉,王子田彰夫】
  • クローズアップ実験法
    • 膜への局在移行誘導により特異的な細胞内シグナル分子を活性化するツール:SLIPT-PM(仮)【築地真也】
  • その他

※ タイトルはすべて仮題です.内容,執筆者は変更になることがございます.

今後のラインナップ
増刊号 Vol.42 No.10(2024-06-05発行予定)
良い炎症・悪い炎症から捉え直すがんと免疫
2024年7月号 Vol.42 No.11(2024-06-20発行予定)
【特集】がん間質に増生するCAFの本態・状態・多様性とその機能(仮)
増刊号 Vol.42 No.12(2024-07-19発行予定)
ヒト免疫細胞サブセット最新研究(仮)
2024年8月号 Vol.42 No.13(2024-07-19発行予定)
【特集】ストレス応答と液-液相分離(仮)
実験医学 定期購読
サイドメニュー開く