バイオ研究マスターシリーズ:転写研究集中マスター
書籍を購入する
バイオ研究マスターシリーズ

転写研究集中マスター

  • 半田 宏,和田忠士,山口雄輝/編
  • 定価 4,000円+税
  • 2005年09月発行
  • B5判
  • 173ページ
  • ISBN 978-4-89706-939-5
  • 販売状況: 注文可能
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

研究と実験法の歴史から最新トピックスまで一気にわかる好評シリーズ第4弾.『歴史編/レビュー編/UP TO DATE』の3部構成で転写がゼロから学べます.年表や概略図,まとめもついてわかりやすさが違う!

内容見本
内容見本0内容見本1内容見本2
目次

歴史編

1.研究の歴史

歴史から学ぶ転写研究【和田忠士/山口雄輝/半田 宏】
1.研究の流れ
  • 転写研究の勃興期
  • 真核生物におけるシスエレメントと転写因子の同定
  • in vitro転写系の確立とその利用
  • クロマチン構造と転写制御の関連の解明
2.低分子化合物を用いた転写研究:ケミカルバイオロジー的アプローチ
  • 5-アザシチジン
  • DRB

2.ブレイクスルーとなった実験法から最新技術まで

転写研究を支える周辺技術【山口雄輝/半田 宏】
1.ノーザンブロッティング:RNAを定量する
2.マイクロアレイ解析:多遺伝子の発現を一挙に調べる
3.S1マッピングとRNaseマッピング:RNAの量と構造を解析する
4.プライマーエクステンション法:転写開始点を決定する
5.核ランオンアッセイ:mRNAの合成速度を調べる
6.亜硫酸水素塩シークエンシング:DNAのメチル化を解析する
7.核抽出液と全細胞抽出液の調製
8.クロマチンの再構成
9.in vitro転写系:試験管内で転写反応をおこす
10.レポーター遺伝子アッセイ:細胞内の転写量を調べる
11.ゲルシフトアッセイ:転写因子とDNAの相互作用を調べる
12.フットプリンティング:転写因子が結合するDNA領域を解析する
13.クロマチン免疫沈降アッセイ:転写因子やヒストンとゲノムDNAの相互作用を解析する
14. DNA固定化アフィニティクロマトグラフィ:DNA結合性転写因子を同定する
15. SELEX:転写因子が結合するDNA配列を決定する

レビュー編

第1章

転写開始反応の制御機構【古久保哲朗】
1.情報処理装置としてのコアプロモーターの機能
2.転写開始反応を制御するタンパク質群
  • 基本転写因子:コアプロモーターの情報処理を助けるTFIIDを中心に
  • 成分と構造の変化で転写活性を制御するメディエーター
  • TFIIDとよく似た働きをもつSAGA
  • TBPを介して転写を制御するコファクター

第2章

mRNAの合成とプロセシングの機構【相田将俊/山口雄輝/和田忠士/半田 宏】
1.mRNA産生機構のキー・プレイヤー:CTD
2.転写伸長段階を制御する因子群
3.転写伸長中におきるmRNAプロセシング
  • 5´キャッピング
  • スプライシング
  • 3´プロセシングと終結
4.mRNAの核外輸送
5.品質監視機構:mRNAサーベイランス

第3章

クロマチンリモデリング【田頭英樹/中川武弥/沖 昌也/安井 潔/伊藤 敬】
1.クロマチン形成に働く因子
2.クロマチンリモデリングはATP依存性タンパク質群により調節される
3.ATP依存性クロマチンリモデリング複合体の単離・同定
  • SWI/SNF複合体
  • ISWI複合体
  • NuRD複合体
  • Swr1複合体
4.クロマチンリモデリングのメカニズム
5.クロマチンリモデリング複合体とヒストン修飾酵素

第4章

ホルモン応答と転写【小川英知/土屋 惠/諸橋憲一郎】
1.核内レセプターのドメイン構造と機能
  • リガンド結合ドメイン(Ligand binding domain:LBD)の構造とリガンドの認識機構
  • DNA結合領域(DNA binding domain:DBD)の構造が示す標的配列の認識機構
  • 2つの転写活性化領域(transactivation function:AF)とそれぞれの役割
2.コファクターの同定およびクロマチンレベルでの転写制御機構の解明へ
  • 転写の活性化機構に関与する介在因子:コアクティベーター
  • 転写の抑制機構に関与する介在因子:コリプレッサー
  • ヒストン修飾によるヒストンコードから予想される多段階の転写調節のステップ
3.今後の展開

第5章

免疫・炎症応答と転写—NF-κB,IRFとSTATファミリー【中嶋弘一】
1.NF-κB転写因子系の成り立ち
2.NF-κB標準経路の活性化のしくみ
3.NF-κBはどのように転写を活性化するのか
4.IRF系の活性化と役割
5.STATファミリーの活性化と働き方
6.NF-κBやSTAT3の人為的制御法

第6章

環境ストレス応答と転写—HIF-1とHSF【田中廣壽/清水宣明】
1.低酸素下で働きが誘導される転写因子:HIF-1
  • HIF-1の構造と機能
  • HIF-1の活性制御と転写調節機構
  • HIF-1研究の展開
2.ヒートショック 応答性を調節する転写因子:HSF
  • HSFの構造と機能
  • HSFによる転写制御機構
  • 今後のHSF研究の展開

第7章

細胞増殖の制御と転写(p53, Rb, E2F)【田中信之】
1.細胞増殖制御におけるRb/E2F系の役割
2.p53は細胞周期をG1,G2/M期で静止させる
3.p53タンパク質の活性化にはユビキチン化,リン酸化,アセチル化,メチル化が関与する
4.p53,Rbは細胞老化を誘導して癌化を抑制する
5.Rbファミリー分子は細胞増殖および細胞老化の制御の中心である
6.オンコジェニックストレスによってp53は活性化され細胞増殖の制御および癌化の抑制に機能する
7.今後の研究の展開

第8章

概日周期の制御と転写【藤本義人/岡村 均】
1.振動の発振原理
2.いろいろな時計遺伝子とモデル動物
  • Per(Period)
  • Cry(Cryptochrome)
  • Clock(Clk)
  • Bmal1
  • CKI(casein kinase I )
3.概日周期を制御するゲノム配列
  • E-box
  • ROR応答配列
  • DBP応答配列(D-box)

第9章

組織特異的な転写調節(神経系での転写調節)【徳永暁憲/岡野栄之】
1.中枢神経の発生様式
2.時間的調節:神経幹細胞の増殖,維持およびニューロン分化を制御する転写因子
  • NotchシグナルとbHLH型転写因子による制御
  • Notchシグナルの基本経路
  • ニューロン,グリアへの分化制御
3.転写因子による領域特異性の獲得
  • 脊髄での領域化
  • 終脳および大脳皮質での領域化
4.最近の動向と今後の展開

第10章

クロマチンダイナミクスとエピジェネティックな転写制御【藤村雄一/古関明彦】
1.クロマチンの基本構造
2.クロマチン構造に大きな影響を与えるヒストンの化学修飾(ヒストンコード)
3.Hox遺伝子をエピジェネティックに転写制御するポリコーム・トライソラクス遺伝子群
4.ポリコーム遺伝子群はヒストンの化学修飾にも関与する

第11章

ゲノムインプリンティング【石野史敏/金児-石野知子】
1.インプリンティング領域とインプリンティング遺伝子
2.ゲノムインプリンティングの制御体系
  • 体細胞における片親性発現制御
  • 生殖細胞におけるゲノムインプリンティング記憶
3.ゲノムインプリンティングの生物学的意味

第12章

性染色体の遺伝子量補正【後藤友二】
1.遺伝子量補正機構の様式
2.ショウジョウバエにおける遺伝子量補正機構
  • DCCの形成と局在
  • DCCのX染色体への局在に関わるroX RNA
  • DCCの転写調節機構
3.マウスにおける遺伝子量補正機構
  • Xistの機能解析
  • Xistの発現を調節するTsix
  • 不活性化の分子機構
4.遺伝子量補正機構の共通点,相違点

UP TO DATE

最新トピックス

  • 明らかになりつつある非コードRNA SINEの役割【半田 宏】
  • 原核生物で新たに発見された転写制御メカニズム:リボスイッチ【半田 宏】
  • 転写開始複合体形成後の転写制御:揺らぎはじめたパラダイム【半田 宏】
  • 活用の幅が広がるSELEX【山口雄輝/半田 宏】
  • 微量の核酸を定量する革新的方法:リアルタイムPCR【山口雄輝/半田 宏】
  • β-アクチンは転写因子?【古久保哲朗】
  • 新しくみつかった転写の切り替えスイッチ−ポリADPリボシル化酵素PARP1【古久保哲朗】
  • CTDの2次構造【相田将俊/山口雄輝/和田忠士/半田 宏】
  • 魚雷がポリメラーゼを撃沈する?【相田将俊/山口雄輝/和田忠士/半田 宏】
  • クロマチンにしおりを挟む【小川英知/土屋 惠/諸橋憲一郎】
  • 瞬きをしている間の出来事【小川英知/土屋 惠/諸橋憲一郎】
  • IKKαの新規役割:IKKαはマクロファージNF-κB活性化を限定し,炎症応答の遷延化を防ぐ【中嶋弘一】
  • IRF5はNF-κBとともにサイトカイン産生に働く【中嶋弘一】
  • 転写因子によるキナーゼ活性化:STAT3はTAK1依存的にNLK活性化に働き,自らのSer727リン酸化を招く【中嶋弘一】
  • STAT3転写制御機構研究法【中嶋弘一】
  • von Hippel-Lindau癌抑制遺伝子の変異とHIF-1−こわれるはずのものがこわれないと…【田中廣壽/清水宣明】
  • HSFは遺伝性白内障の原因遺伝子である【田中廣壽/清水宣明】
  • リズミックなヒストンのアセチル化が遺伝子の概日周期的発現を制御する【藤本義人/岡村 均】
  • 哺乳類概日時計は細胞ごとに自律的に振動している【藤本義人/岡村 均】
  • 細胞の運命を司る小さなRNA【徳永暁憲/岡野栄之】
  • Shh -Gliに規定される遺伝子発現【徳永暁憲/岡野栄之】
  • 可視化されたクロマチンダイナミクス【藤村雄一/古関明彦】
  • ポリコームタンパク質は,Hox遺伝子の転写に背反的機能をもつ【藤村雄一/古関明彦】
  • コブラでDNAメチル化状態を調べよう(COBRA法)【石野史敏/金児-石野知子】
  • コンフリクトそして/またはコンプリメント!?【石野史敏/金児-石野知子】
  • ASSASSIN〜オスだけを狙う刺客〜【後藤友二】
  • ESCAPEE〜遺伝子量補正機構から逃れる遺伝子たち〜【後藤友二】

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】バイオ研究マスターシリーズ:転写研究集中マスター
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +320円
送料 +300円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +750円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +960円
第2地帯(ヨーロッパ) +960円
第3地帯(アフリカ、南米) +1250円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

9784758100281
9784758120029
9784758108058
9784897065793
9784758102834
世界に冠たるNo.1テキスト、フルカラーで大刷新!(MEDSI)
www.medsi.co.jp/book...
安価で共培養もできるコラーゲンゲルがお勧め!
www.atelocollagen.co...