CTLA4

T細胞表面の分子で,活性化T細胞あるいは抑制性T細胞Tregに多く発現する.細胞外ドメインは副刺激分子CD28と近似しており樹状細胞上のCD28リガンド(CD80やCD86)と競合する.CD28はT細胞の増殖や活性化に必要な副刺激シグナルを発生するがCTLA4はこれを抑制する.通常のT細胞ではCTLA4は刺激後に誘導されるためにT細胞活性化の負のフィードバック制御因子としてとらえられてきた.またTGF-βの刺激でも発現が上昇する.しかしTregではFoxp3の転写促進機能によって定常状態で強く発現されており,Tregが樹状細胞上の副刺激分子リガンドをマスクすることによりナイーブT細胞の活性化やエフェクターT細胞への分化を抑制すると考えられる.Treg特異的にCTLA4を欠損させるとTregの活性が著しく減少することからCTLA4はTregの重要な機能分子の1つと考えられる.

実験医学 2010年4月号 Vol.28 No.6

参考書籍

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオキーワード集:索引


A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        
数字 その他