Vol.3 論文でよく使われる文型をマスターしよう!! No.2 自動詞+前置詞+名詞や他動詞+前置詞+名詞は,他動詞+目的語に似ている? [超基本の英文法-英語の語順に親しむ]

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Vol.3 論文でよく使われる文型をマスターしよう!!

No.2 自動詞+前置詞+名詞や他動詞+前置詞+名詞は,他動詞+目的語に似ている?

前述したように第1文型や第3文型受動態の文では,動詞の後に前置詞が続くことが多い.この点は,動詞の使い方のポイントとなるのでさらに詳しく考えてみよう.

i) 自動詞+前置詞は,他動詞に似ている!

自動詞の後の前置詞は,その後の名詞と前の自動詞との関係を示すために用いられる.そして,自動詞+前置詞の多くはセットで一つの意味を作るという特徴もある.たとえば次のような動詞(表3-1)は,前置詞以降がなければほとんど意味をなさない.

serve as ~~として働く
result from ~~に起因する(~から生じる)
result in ~~という結果になる
consist of ~~からなる
depend on ~~に依存する
lead to ~~につながる

表3-1. セットで使われる自動詞+前置詞の例

ここでおもしろいのは,result inやlead toの代わりに他動詞のproduceを使っても意味はあまり変わらないことである.つまり,このような自動詞+前置詞は他動詞と同じような働きをするわけだ.前置詞は日本語で言えば「てにをは」のようなものであるが,種類がとてもたくさんあり,それぞれ固有の意味を持つ.表3-1にあるように,asなら「~として」,fromなら「~から」,toなら「~に」という具合だ.たまたま「~を」の場合は前置詞を省略できて,そのとき使われる動詞が他動詞だとしたらどうだろうか.このように考えれば,自動詞+前置詞が他動詞に似ていることが全く不思議でなくなる.

前置詞の使い分けには慣れが必要であるが,どれを使うかは前の動詞によってだいたい決まっているので,きちんと整理しておけばそれほど迷うことはない(表3-1).たとえばresultの場合は,前置詞のinを用いることが非常に多い.そこで,result inで「~という結果になる」と覚えておけば,使いこなすことができるわけだ.さらにresult fromの用例も多いが,この場合は「~に起因する(~から生じる)」という意味になる.このように自動詞では後に続く前置詞を変えることによって意味を使い分けることができるという特徴もある.

i) 他動詞受動態+前置詞も,他動詞に似ている!

下の表3-2のような例を考えると,自動詞だけでなく他動詞受動態+前置詞も能動態の他動詞と似ているように思える.前章で述べたbe associated with(例文19)などはその典型的な例である.

be considered as~~であると考えられる
be derived from~~に由来する
be involved in~~に関与する
be based on~~に基づいている
be related to~~に関連する
be associated with~~と関連する

表3-2. セットで使われる受動態+前置詞の例

英語の表現を考えるときに,「自動詞+前置詞」,「受動態+前置詞」,「他動詞」の3つを同列に並べることができることを知っていれば動詞の選択の範囲が広がってくであろう.下の3つが似ているというわけである.

  • 第1文型:主語+自動詞+前置詞+名詞
  • 第3文型の受動態:主語+be動詞+過去分詞+前置詞+名詞
  • 第3文型:主語+他動詞+名詞

ただし,動詞の後の前置詞には,前の動詞との結び付きが強いものと,後ろの名詞との結び付きが強いものとの2種類がある.これまで述べた例は前者である.そこで,後ろの名詞との結びつきが強い場合の例を表3-3にまとめておく.

at ~ months~ヶ月で
for ~ days~日の間
within ~ h~時間以内に
over the past decadeこの10年間に
at baselineベースラインで
at high levels高いレベルで
at pH 7pH7で
under these conditionsこれらの条件下で

表3-3. よく使われる副詞句の例

時や場所を意味するを副詞句の先頭の前置詞は後ろの名詞との結び付きが強いことに注意しよう.もちろん前置詞は前と後をつなぐ語であるからその両方に関係がある.結び付きの強さに差があるといってもあくまで相対的なものにすぎない.

<ここがポイント>

  • 「自動詞+前置詞+名詞」や「受動態+前置詞+名詞」の多くは,「他動詞+目的語」と同じように考えて使うことができる.
  • 決して「前置詞+名詞」が句として動詞と独立に存在するわけではなく,むしろ動詞と前置詞が一体となって意味を強めている場合が多いので,そこに注目しよう.

<12Page1/2


プロフィール

河本 健(Takeshi Kawamoto)
広島大学大学院医歯薬学総合研究科助教.広島大学歯学部卒業,大阪大学大学院医学研究科博士課程修了,医学博士.高知医科大学助手,広島大学助手,講師などを経て現職.専門は,口腔生化学・分子生物学.概日時計の分子機構,間葉系幹細胞の再生医療への応用などを研究している.大学院生対象の論文英語の講義も担当している.

おすすめ書籍

ライフサイエンス英語類語使い分け辞典
国際学会のための科学英語絶対リスニング
日本人研究者が間違えやすい英語科学論文の正しい書き方
科学英語論文の赤ペン添削講座
ライフサイエンス文例で身につける英単語・熟語