Vol.6 節の使い方をマスターしよう! No.1 関係代名詞・関係副詞の使い方のポイントはなに? [超基本の英文法-英語の語順に親しむ]

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

には,名詞節形容詞節副詞節がある.名詞節は名詞相当語として,他動詞の目的語などに用いられる.形容詞節関係詞を使って作られ,後ろから名詞を修飾する副詞節は複文の従属節として用いられる.連載第1回目に述べたイントロを作る(例文2)のも副詞節だ.副詞節はよく使われるものだが作り方はそれほど難しくないので,ここでは形容詞節を作る関係詞および名詞節となるthat節の使い方について取り上げる.

Vol.6 節の使い方をマスターしよう!

No.1 関係代名詞・関係副詞の使い方のポイントはなに?

関係詞には,関係代名詞関係副詞とがある.これらは,名詞を後ろから修飾する形容詞節を作るために使われ,最も多いのが関係代名詞主格の用例である.

i) 関係代名詞whichとthatの使い分け

よく使われる関係代名詞にはwhichとthatがあるが,論文ではwhichは前にカンマが来る非制限用法例文41),thatはカンマのない制限用法例文42)に用いるという明確な使い分けがあるので注意しよう.

<例文41:関係代名詞which>

The vitamin D receptor, which is a member of the nuclear hormone receptor superfamily, is believed to mediate this activity.

(ビタミンD受容体 ?? それは核内ホルモン受容体スーパーファミリーのメンバーである ?? は,この活性を仲介すると信じられている)

<例文42:関係代名詞that>

The mechanisms that cause these translocations are not fully understood.

これらの転位置を引き起こす機構は完全には理解されていない)

ii) 前置詞+whichの使い方

上述の主格の用法以外に,前置詞+whichもしばしば用いられる.難しく感じるかもしれないが,これを使いこなせると書ける文章の幅が広がるので,是非,マスターしよう.論文でよく使われるのは,model in which例文43)やmechanisms by which例文44)などである.

<例文43:in whichの例>

These data support a model in which macrophage phagocytosis is coordinately regulated by both phospholipases.

(これらのデータは,マクロファージ貪食が両方のホスホリパーゼによって協調的に調節されるモデルを支持する)

<例文44:by whichの例>

Investigations of leprosy provide new insights into the mechanisms by which the innate immune system contributes to host defense against infection.

(らい病の研究は,自然免疫系が感染に対する宿主防御に寄与する機構に対する新しい洞察を提供する)

一方,of whichの使い方は,in whichやby whichとは違うので注意しよう.both of which, all of which例文45), one of whichなどがよく使われるが,それぞれの前にカンマが入ることに気を付けよう.

<例文45:of whichの例>

Treatment with TNF decreased the expression of cyclin D1, c-myc, Bcl-2, Bcl-xL, IAP1, IAP2, COX-2, and MMP-9, all of which are known to be regulated by NF-κB.

(TNFによる処理は,サイクリンD1,c-myc,Bcl-2,Bcl-xL,IAP1,IAP2,COX-2,MMP-9 ?? それらのすべてがNF-κBによって制御されていることが知られている ?? の発現を低下させた)

iii) 関係副詞の使い分け

関係代名詞以外に,関係副詞というものがある.wherewherebyなどが使われるが,頻度は前置詞+whichに比べるとかなり低い.whereはin whichに置き換えwherebyはby whichに置き換えて考えればいいであろう.cells where, conditions where, model where(例文46), mechanism whereby(例文47), model wherebyなどがよく用いられる.

<例文46|関係副詞:whereの例>

These data support a model where macrophage phagocytosis is coordinately regulated by both phospholipases.

(これらのデータは,マクロファージ貪食が両方のホスホリパーゼによって協調的に調節されるモデルを支持する)

<例文47|関係副詞:wherebyの例>

Investigations of leprosy provide new insights into the mechanisms whereby the innate immune system contributes to host defense against infection.

(らい病の研究は,自然免疫系が感染に対する宿主防御に寄与する機構に対する新しい洞察を提供する)

<ここがポイント>

  • 関係代名詞は,後ろから名詞を修飾する形容詞節を作るために使われる.
  • 関係代名詞whichはカンマを伴う非制限用法に,thatはカンマを伴わない制限用法に用いられる.
  • 前置詞+whichの使い方をマスターすると,書ける文の幅が広がる.
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

123>Page1/3


プロフィール

河本 健(Takeshi Kawamoto)
広島大学大学院医歯薬学総合研究科助教.広島大学歯学部卒業,大阪大学大学院医学研究科博士課程修了,医学博士.高知医科大学助手,広島大学助手,講師などを経て現職.専門は,口腔生化学・分子生物学.概日時計の分子機構,間葉系幹細胞の再生医療への応用などを研究している.大学院生対象の論文英語の講義も担当している.

おすすめ書籍

  • ライフサイエンス英語類語使い分け辞典
    詳細購入
  • 国際学会のための科学英語絶対リスニング
    詳細購入
  • 日本人研究者が間違えやすい英語科学論文の正しい書き方
    詳細購入
  • 科学英語論文の赤ペン添削講座
    詳細購入
  • ライフサイエンス文例で身につける英単語・熟語
    詳細購入