基本をおさえる心エコー 改訂版〜撮りかた、診かた、考えかた
書籍を購入する

基本をおさえる心エコー 改訂版

撮りかた、診かた、考えかた

  • 谷口信行/編
  • 定価 4,200円+税
  • 2014年03月発行
  • B5判
  • 171ページ
  • ISBN 978-4-7581-0752-5
  • 販売状況: 在庫あり 
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定番入門書の改訂版.外来や救急で必ず役立つ基本の技と,知っておきたいプロの秘技をわかりやすく解説.心臓の超音波解剖,画像モードの選び方から診断までわかるので,難しいと思われがちな心エコーに自信がつく!

内容見本
内容見本0内容見本1内容見本2内容見本3
PDFダウンロード
目次

スタートアップ 心エコー図を理解するための超音波解剖【市田 勝】

Advanced Technique
  • その1 真の心尖部とは
  • その2 胸骨左縁左室長軸像で肺のために描出困難な場合

第1章 心エコーでどこまでわかるのか【谷口信行】

1. 心エコーをどう検査するか,どう上達するか?

  • 心エコー検査とは
  • 習得に必要な知識
  • 検査するときに
  • 心エコーの判断手順
Advanced Technique
  • その1 心内膜の描出:ハーモニックイメージング法を使ってみよう
  • その2 効率的に検査を行うために

第2章 心エコー検査の実際

1. 検査の前に【山本啓二】

  • 準備するもの
  • 患者体位
  • 患者さんの呼吸
  • 患者さんへの説明
  • 患者さんへの配慮
  • 探触子の当て方,向き
  • 記録困難な患者さんへの対処法
  • 装置の設定・調整
Tips
  • 連続波ドプラ法
  • パルスドプラ法

2. さまざまなアプローチのしかた・見え方【山本啓二】

① 基本的断面
  • 胸骨左縁からのアプローチ
  • 心尖部からのアプローチ
  • 胸骨上窩からのアプローチ
  • 肋骨弓下(心窩部,剣状突起下)からのアプローチ
② 検査の手順
  • 胸骨左縁からのアプローチ
  • 心尖部からのアプローチ
  • 肋骨弓下,胸骨上窩からのアプローチ
③ 特に気をつけたい所見
  • 胸骨左縁左室長軸断面像
  • 胸骨左縁左室短軸断面像
  • カラードプラ法
  • 心尖部
  • 正常と異常

3. 検査の評価【市田 勝】

  • 心エコー検査の依頼:検査目的の明確化
  • 心エコー検査実施の前に:重要な聴診
  • エコーレポート
  • Mモード法での計測法
  • 断層法による心腔内径の計測法
  • 心機能の評価
  • 弁機能の評価
Advanced Technique【市田 勝】
  • その1 心室中隔を計測する際の注意
  • その2 S字中隔が存在するときの左室径の計測
  • その3 心エコー法と心カテーテル法による圧較差の相違
  • その4 心房細動時の心機能評価

第3章 主な慢性心疾患の典型的な心エコー図【鈴木真事】

1. 慢性疾患に対する心エコー検査

  • 心臓弁膜症
  • 心筋疾患
  • 先天性心疾患
  • 動脈疾患
  • 高血圧性心臓病
  • 心不全

2. どんなときに心エコーが有用か

  • 以前に診断されている病態が本当に正しいか
  • 診断名はわかっているが,y
  • 左室の収縮能や拡張能に変化がないか
  • 治療によりどのように改善あるいは変化したか
  • 予期していなかった新たな病態が生じていないか

3. 心エコー検査が必要になる慢性心疾患

① 弁膜症
ⅰ) 僧帽弁狭窄症
  • 特徴的な所見
  • 重症度の評価
  • 診断のコツ
ⅱ) 僧帽弁閉鎖不全症
  • 僧帽弁逆流の原因と診断
  • 診断のコツ
ⅲ) 大動脈弁狭窄症
  • 大動脈弁狭窄症の成因
  • 存在の確定と重症度診断
  • 成因と重症度診断
  • 大動脈弁閉鎖不全症の例
  • 診断の注意点
② 心筋疾患
ⅰ) 肥大型心筋症
  • 特徴と分類
  • 代表的な所見と診断方法
  • 発症を疑うべき症状
ⅱ) 拡張型心筋症
  • 診断のポイントと特徴
  • 鑑別のポイントと特徴
  • 気をつけるべき合併症と自覚症状
ⅲ) 左室肥大
  • 高血圧が引き起こす左室肥大
  • 左室心筋重量の計測方法
  • 壁運動異常の評価と典型例
  • 心室瘤の合併
  • 左室壁在血栓の観察
③ 先天性心疾患
ⅰ) 心房中隔欠損症
  • まず見る所見と診断の方法
  • 心室中隔の奇異性運動
  • 観察ポイントと診断への考え方
ⅱ) 心室中隔欠損症
  • 心エコー所見の特徴
  • 心室中隔欠損の分類
④ 心腔内血栓と心腫瘍
  • まず鑑別すべき心腔内血栓
  • 粘液腫の特徴
  • 心腔内血栓のできやすい状態とは
  • 日常臨床で出合いやすい腫瘍
⑤ 心不全
  • 心不全という診断についての考え方
  • 心不全を疑うとき心エコーではじめに何を見るか
  • 左室収縮能の評価
  • 左室拡張能評価の基本
  • 左室流入波形からどうやって心不全と診断するか?
⑥ 肺高血圧症
  • 肺高血圧と診断するには
  • 肺高血圧を診たとき考えること
  • 肺高血圧症を見逃しやすいとき
⑦ 動脈疾患
ⅰ) 大動脈解離
  • まずおさえておきたい解離の存在
  • 大動脈描出のコツ
  • より確実な診断のために
ⅱ) 肺塞栓症
  • 診断の第一歩は病歴を正確に聴取すること
  • 心エコーで観察するポイント
Advanced Technique
  • その1 弁膜症の診断で連続波ドプラの波形の評価が難しい?
  • その2 心尖部肥大型心筋症はなぜ見逃しやすいか?
  • その3 病歴など臨床情報を把握していないと見逃しやすい疾患は?

第4章 主な急性心疾患の典型的な心エコー図【小林さゆき/林 輝美】

1. 救急・当直時の心エコー検査

2. どんなときに心エコーが有用か

  • 胸痛
  • 心拡大
  • 心雑音
  • 心不全
  • 心機能評価
  • 経食道エコー法

3. 心エコー検査が必要になる救急で多い疾患

① 急性冠症候群
  • 何を見るか,どう見えるか
  • 判断後の対応
  • 自分で判断できないとき
  • 注意点
② 大動脈解離
  • 何を見るか,どう見えるか
  • 判断後の対応
  • 自分で判断できないとき
  • 注意点
③ 心タンポナーデ
  • 何を見るか,どう見えるか
  • 判断後の対応
  • 自分で判断できないとき
  • 注意点
④ 感染性心内膜炎
  • 何を見るか,どう見えるか
  • 判断後の対応
  • 自分で判断できないとき
  • 注意点
⑤ 急性心不全
  • 何を見るか,どう見えるか
  • 判断後の対応
  • 自分で判断できないとき
  • 注意点
Advanced Technique
  • その1 虚血性心疾患における軽度壁運動異常の評価が難しい?
  • その2 心筋とくに心室中隔の壁厚の計測が難しい?
  • その3 echo-free spaceが心膜液なのか脂肪であるのか?
  • その4 不整脈が出現しているときの心エコー検査の評価は?

第5章 心機能の評価法

1. どんなときに心機能評価が必要か?【安 隆則】

2. 収縮能【安 隆則】

  • Mモード法
  • Disk summation法(method of disks)
  • 肉眼的測定法(eye-ball EF)
  • 壁運動指数(wall motion index)

3. 拡張能(E/A,TEIインデックス)など【安 隆則】

  • 左室流入速度波形
  • 肺静脈血流波形
  • 僧帽弁輪速度
  • 総合能(TEIインデックス)

4. 右心機能【安 隆則】

Advanced Technique
  • その1 携帯型心エコー図装置の有用性【安 隆則】
  • その2 ストレインイメージの有用性について【市田 勝】
  • その3 リアルタイム3D心エコーについて【市田 勝】

『第4章 主な急性心疾患の典型的な心エコー図』より抜粋

基本をおさえる心エコー 改訂版1 基本をおさえる心エコー 改訂版2

−中略−

基本をおさえる心エコー 改訂版3 基本をおさえる心エコー 改訂版4

−中略−

基本をおさえる心エコー 改訂版5

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758107488
  • 9784758107501
  • 9784758116008
  • 9784758117470
  • 9784758110501
  • 9784758117432

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • M2PLUS eBookStore
  • Knowledge Worker
サイドメニュー開く