レジデントノート:うまく使おう!外用薬〜研修医も知っておきたい、外皮用薬・坐剤・点眼薬などの選び方と使いどころ
レジデントノート 2019年12月号 Vol.21 No.13

うまく使おう!外用薬

研修医も知っておきたい、外皮用薬・坐剤・点眼薬などの選び方と使いどころ

  • 原田 拓/編
  • 2019年11月08日発行
  • B5判
  • 156ページ
  • ISBN 978-4-7581-1635-0
  • 定価:2,200円(本体2,000円+税)
  • 在庫:あり
書籍を購入する

特集にあたって

特集にあたって

原田 拓
(昭和大学江東豊洲病院 総合診療科,獨協医科大学病院 総合診療科 非常勤スタッフ医師)

外用薬は外皮用薬をはじめ,点眼薬,点鼻薬,坐剤など多岐にわたり,日常的に接することが多いにもかかわらずしっかりと学ぶ機会…というものはあまりないのではないでしょうか? そうは言っても外用薬の使用を検討する場面は日常診療でよくありますよね.

今月号は「外用薬」に焦点をあてた特集を組ませていただきました.何点か議論の続いている領域もありますが,よく遭遇するシチュエーションや,知っていると何かのときに役立つ,そんな内容を主に扱っています.

主力選手であろうステロイド外用薬,オピオイドの貼付剤はもちろん保湿剤,NSAIDs坐剤,失禁関連皮膚炎への対応や,外用抗菌薬,抗認知症外用薬,小児領域におけるジアゼパム坐薬など乱用は望ましくなく適応を見極めるべき外用薬,ほかにアレルギー性鼻炎や感冒に対する点鼻薬,アレルギー性結膜炎に対する点眼薬,ビソノ®テープ(ビソプロロール),アレサガ®テープ(エメダスチンフマル酸)など近年発売された経口の代替となりうる外用薬…さまざまな項目を扱っています.

本特集が臨床の最前線で奮闘されている若手の先生,そしてその先にいるであろう患者様に少しでも役に立つ瞬間があれば幸いです.


最後に執筆にあたって忙しいなか執筆の時間を捻出していただいた若手の先生方,内容にアドバイスをくださった諸先生方,普段お世話になっている江東豊洲病院の皆様,羊土社の皆様方,自分の家族に多大な感謝を述べさせていただきます.

著者プロフィール

原田 拓 Taku Harada
昭和大学江東豊洲病院 総合診療科,獨協医科大学病院 総合診療科 非常勤スタッフ医師
現在主に興味ある領域は診断,高齢者医療,ノンテクニカルスキルで,日々研鑽の毎日です.今回の執筆は関東若手医師フェデレーションのスタッフや後輩をメインにお願いしました.関東若手医師フェデレーションは1つ目が関東の研修医のボトムアップ,2つ目が若手医師の交流,3つ目が次世代のリーダー育成を目標に掲げ年に何回かイベントを開催しております.興味ある若手の先生はぜひ一度みていただければと思います.
https://www.facebook.com/kanntouwakateishifederation/

もっと詳しくみる
レジデントノート:うまく使おう!外用薬〜研修医も知っておきたい、外皮用薬・坐剤・点眼薬などの選び方と使いどころ
レジデントノート 2019年12月号 Vol.21 No.13

うまく使おう!外用薬

研修医も知っておきたい、外皮用薬・坐剤・点眼薬などの選び方と使いどころ

  • 原田 拓/編
  • 定価:2,200円(本体2,000円+税)
  • 在庫:あり
書籍を購入する
サイドメニュー開く

TOP