第15回「集中治療で勝手に索引!Part2」完全索引|Dr.ヤンデルの 勝手に索引作ります!

15

集中治療で勝手に索引!Part2 の完全索引

定価4,400円(本体4,000円+税10%) A5判 408頁 羊土社

Dr.竜馬のやさしくわかる集中治療 循環・呼吸編 改訂版

※本Web版では完全索引を掲載(本誌誌面では簡略版と解説を掲載しています)

市原のオリジナル索引

読み 項目 サブ項目 ページ
1じかん 1時間以内に,乳酸を測って,培養採って,抗菌薬始めて,輸液蘇生して,それでも低血圧が続くようなら昇圧薬を始める 25
1じかん 1時間バンドル 28
2てんと 2点というと大したことがないようにも思うかもしれませんが,これを満たす感染症患者の院内死亡率は約10%です 17
4こうも 4項目を毎日確認 379
7mmや 7mmやと何かの理由で気管支鏡が必要になったときにちょっとキツイ 215
8にん 8人(!) 150
A dry “A dry lung is a happy lung” 355
ABC ABCやなくてCAB 209
A/C A/C アシスト/コントロール 385
acute 「acute on chronic」 273
ARDS 「acute on chronic」 273
ARDS ARDS 270
ARDS ARDS ARDSって何の略や? 345
「原因不明のARDS」みたいなのがあったら,ほかの肺疾患を見逃してないか考えなアカン 346
ARDS以外の疾患との鑑別が重要 349
ARDSの病態は肺水腫です 354
ショックから回復したARDSでは水分を引き気味にした方が,人工呼吸器から早く外れるんや 378
auto auto-PEEP 311
Bi level Bi-level PAP COPD急性増悪やったらBi-level PAP 300
Bi-level PAPは高二酸化炭素血症の改善を主な目的 306
capillary capillary refillを指標に敗血症性ショックを治療した群と,乳酸を指標に治療した群を比較したRCTでは,両群間の死亡率に有意差はない 35
CO2が 「CO2が溜まるのが怖いから酸素を投与しない」というのは誤り 287
COPD COPD COPDではなぜPaCO2が高くなるんですか? 280
COPD COPD急性増悪 283
COPD COPD急性増悪 COPD急性増悪みたいな,基本的には気道の疾患の場合には,原則として換気の問題が起こる 261
換気がうまくいかずPaCO2が上昇する肺疾患の代表として,COPD急性増悪 264
COPD急性増悪に関与することの多い菌 287
COPD急性増悪において,酸素飽和度88〜92%になるのを目標に酸素流量を調節する 287
COPD急性増悪に対するステロイドの投与期間 289
COPD急性増悪の場合は,NPPVで換気を助けたらすぐに意識状態がよくなることが多い 295
CPAP CPAP 心原性肺水腫やったらCPAP 300
CPAPで呼吸がラクになるしくみを説明します 301
CPAPによる後負荷の低下 306
CPAPが低酸素血症の改善を主な目的 306
CPAPではすべてが自発呼吸 385
CVPは CVPはナゼ役に立たないのか? 101
DVTが DVTが見つかれば,いずれにせよ抗凝固療法を行うことになる 128
Dだいま D-ダイマーは感度が高いため,正常(<500 ng/mL)であれば診断の除外に役立ちます 126
EGDT EGDT EGDTとはEarly Goal Directed Therapyの略です 93
EGDTは「医師の裁量」と比べて死亡率を低下させない 100
Frank Frank-Starling曲線 58
high high-flow nasal cannula(HFNC) 329,333
ICUで ICUでの輸液はメリハリが大事なんや 378
ICUて ICU的カルテの書き方 110
ICUで ICUでは「浮腫で死ぬやつはおらん」 63
NPPV NPPV NPPVのよい適応となる心原性肺水腫 297
NPPVが効果的な疾患というと,なんといってもCOPD急性増悪と心原性肺水腫です 298
NPPVモードの使い分け 307
NPPVでの圧ってどれくらい使うんですか? 309
NPPVを使うべきか,気管挿管をして人工呼吸を行うべきかの判断 337
NPPVを使って酸素の前投与をするっていうワザ 339
PaCO2 PaCO2 「肺以外の原因で呼吸不全になるときには,必ずPaCO2が上昇する」 267
PaCO2が正常だったり下がってたりしてるのにPaO2が下がってたら,「この呼吸不全は肺で起こってる」って言える 267
酸素を投与するとPaCO2が上昇するワケ 292
PE PE PEの症状・徴候は非特異的なことが多く,また見逃すと死に直結する 124
PEがありそうかなさそうなのか,少しでも客観的に目星をつけるためのツール 125
肺動脈造影CTがPEの標準的な画像診断方法 127
PE患者の30〜50%にDVTが見つかる 128
PEが疑われるときに,心エコーで右室負荷所見がなければ診断は否定的 129
低血圧のあるPEをmassiveやなくて「high-risk(高リスク)」 137
PEでの左室への影響 142
PEでの輸液は敗血症性ショックのときみたいに2Lとか一気に入れるんやなくて,500mLとか少量ずつ入れて 145
PE治療の基本は抗凝固療法 149
submassive(あるいはintermediate-risk)PE 154
PEの重症度分類 155
submassive PEに血栓溶解療法を行っても死亡率は変わりませんが,重篤な合併症が増えます 156
肺塞栓 270
PEEP PEEP PEEPは呼気時にも圧をかけ続けることで肺胞を開き,酸素を血液に到達させやすくする 373
白い肺 → PEEPを使う 373
PEのし PEの心電図 有名なS1Q3T3みたいなのは少なくて10%もない 123
Pick Pickwick症候群 269
PRES PRES posterior reversible encephalopathy syndrome(可逆性後頭葉白質脳症) 204
RSI RSI rapid sequence intubation 226
SBT SBTに失敗したら1日は休ませて,翌日に再評価 393
Sequential "Sequential Organ Failure Assessment"(略すとやはりSOFA) 20
SIMV SIMV SIMVに関する誤解 386
SIMVで人工呼吸器離脱をすると離脱までにかかる日数が長くなる 386
あらみす アラミスがバソプレシン 76
あるこー アルコール中毒 39
あるぶみ アルブミン アルブミンのように血管内にとどまる輸液のことを膠質液と呼びます 53
アルブミンも血管から漏れて出ていく 54
アルブミンみたいな膠質液の方がエエっていう根拠はないんや 353
いちげき 「一撃必殺!集中治療マニュアル」 14,323
いっさん 一酸化炭素中毒 39
いろがま 色がまだらになっていたり(mottling),網状の模様のようになっている皮膚を見たことがありますか? 35
えすもろ エスモロールは,日本ではあいにくと手術時のみの保険適応となっていますが,切れ味鋭いよい薬 181
えらい エライ! 266
おーむの オームの法則 42
かえるの カエルの筋肉を取り出してきて受動的に伸ばしてみると,長く伸ばした方が縮まる力が強くなるという実験 57
かんきの 換気のためにはPaCO2とpHをみるとええ 261
かんじゃ 患者さんにとっては酸素の入ったリザーバーを体の中にもってるみたいなもんになる 224
かんじゃ 「患者はハリソンを読まない」 131
かんりゅ 灌流 灌流をみる3つの「窓」;脳・腎・皮膚 34
灌流をみる検査:乳酸 36
灌流を決める血圧っていうのは平均動脈圧のことやからな 41
きかんそ 気管挿管 気管挿管の適応と人工呼吸の適応は異なる 211
気管挿管に必要な物 217
気管挿管前の酸素投与はかなり重要 224
気管挿管に使う鎮静薬 237
気管挿管に使う筋弛緩薬 237
気管挿管が難しそうな人 238
きかんそ 気管挿管前のバッグ換気は必須ではありません 230
きかんち 気管チューブが必要ないかどうかは,どう判断したらええと思う? 395
きほんの キホンの「キ」の一本目の横棒 226
ぎゃぐ ギャグ 「コクがないけど,キレもない」感じのギャグ 25
ギャグについてはおいおい指導 92
きゅうせ 急性喉頭蓋炎って聞いたことあります 210
きゅうせ 急性呼吸不全のときにはアルブミンの方がよさそうではありますが,現時点では効果は証明されていません 356
ぎらんば ギラン・バレー症候群 269
きんしか 筋弛緩薬をザックリまとめると,スキサメトニウムかロクロニウムのどちらか 234
くどいよ くどいようですが,「血圧が下がってないからOK」ではないことは知っておいてください 34
ぐわしは 「グワシ!」はまことちゃんや 239
けいじょ 頸静脈 ショックの患者さんの頸静脈が怒張してたら,かなり強力な手がかりやで 131
頸静脈が目立ってみえたら,心原性ショックか閉塞性ショックを探すわけですね 132
けちけち ケチケチせずにスパッと教えてくださいよ 68
けちやな ケチやないから言うたるけど 68
けつあつ 血圧 血圧は急激にストーンと石のように下がる 339
気管挿管と人工呼吸器導入の際には血圧を下げる要因が複数あります 341
けつあつ 血圧が高いときには循環血液量が多いのかと思って,割と気軽にフロセミドとか使ってたのですが,さっきの話では避けた方がいいんですね? 177
けつあつ 血圧がよければプロポフォール,低ければケタミン 233
けつえき 血液培養が陽性になるのは敗血症のなかで50%程度 17
けつえき 血液分布異常性ショック(distributive shock) 46
けっきょ 「結局どれが効いてるのかわからん」という懐疑論 98
けっこう 結構スルドク血液ガスを読むようになってきたな 333
こうけつ 高血圧 高血圧によって症状が出てるかどうかが重要 164
高血圧では,主に体血管抵抗が上昇することで血圧が上がります 174
妊娠中の高血圧 200
こうけつ 高血圧緊急症 高血圧緊急症 164
高血圧緊急症では血圧上昇によるナトリウム利尿が起こるために,循環血液量はむしろ減少していることの方が多い 175
高血圧緊急症で使う代表的な薬剤は,カルシウム拮抗薬のニカルジピンです 178
高血圧緊急症の治療 臓器障害別 186
こきゅう 呼吸筋を助けるような治療 294
さんえん 酸-塩基平衡を考えるときには 274
さんかい 産科医に次いで2番目 200
さんそか 酸素化 酸素化のためにはPaO2とかSaO2をみて 261
重症肺炎とか心不全とかARDSみたいな肺胞に何か起こったり,肺塞栓みたいに肺血管に何か起こると酸素化が悪くなる 262
酸素化の障害が起こるのは,重症肺炎や心不全,ARDSのような肺胞の病変,あるいは肺塞栓のような肺血管の病変がある場合 264
酸素化の障害に対しては酸素投与で対応できる 264
酸素化の目標 374
酸素化の目標は非常に重要なトピック 374
さんそと 酸素投与で改善しない低酸素血症がシャントの特徴 342
さんその 酸素の前投与をしといたら,無呼吸になってから酸素飽和度が90%以下まで下がるのに8分もかかる 224
さんそり 酸素療法には酸素濃度だけでなく流量が重要である 329
しあんか シアン化物中毒 39
しかんぜ 子癇前症 子癇前症だと血圧を治療する基準が異なる 200
子癇前症の三徴は高血圧,蛋白尿,浮腫ですが,診断には浮腫は必要ではなく 202
じゅうし 重症筋無力症 270
しょうあ 昇圧薬のまとめ 72
しょっく ショック 「ショック=低血圧」ではない 18
「ショック=低血圧」とは言い切れん 32
ショックの機序って4パターンあるんやけど 42
ショックは大きく4つに分類 47
ショックの治療に使う輸液っちゅうたら,生理食塩水かリンゲル液や 49
ショックになっている患者さんにドブタミンを単独で開始してはいけません 66
ショックの治療をするときに,平均動脈圧65 mmHg以上を目標にする 70
ショックの治療におけるEGDT 93
ショックの患者さんでは,一般的にはNPPVは使わん方がいい 334
ショックを合併したARDSの早期には利尿薬は使用せず,ショックの治療のためにむしろ輸液を投与します 355
ショックっていうのは単に血圧が低いだけやない 377
しわしわ シワシワ 304
じんこう 人工呼吸器 人工呼吸器って時間稼ぎなんですか? 352
人工呼吸器から気道の問題があるのか,肺胞の問題があるのかまでわかる 359
人工呼吸器は無理せずユルく使うと 368
人工呼吸器の設定も換気の設定と酸素化の設定に分けて考える 368
人工呼吸器で換気を増やす,あるいは減らすといったとき 370
人工呼吸器は外せそうか? 376
人工呼吸器がなくても呼吸ができるか確認 390
じんこう 人工呼吸器モード 人工呼吸器モードの話 382
人工呼吸器モード 384
じんぞう 腎臓だけはゆっくりと血圧を下げても最初は腎機能が悪くなることがある 198
しんぞう 心臓の1回拍出量って何で決まると思う? 56
すぐにち すぐに治療が必要かどうかを見極めるのに大事なのはpH 271
すこあを スコアを使わずに医師の「ゲシュタルト」だけで主観的に診断するのは,特異度に欠ける 125
せいもん 声門がバッチリ見えてるのに,気管チューブが滑らんせいで挿管できんのほど悲惨なことはないで 216
せいりし 生理食塩水 生理食塩水にはHCO3が入ってないから,大量に輸液すると塩素が多くなりすぎて代謝性アシドーシスになる 50
生理食塩水って,Na+とClしか入ってないから,名前の割にはぜんぜん生理的やない 50
ぜんそく 喘息発作でも乳酸が上昇することがあります 39
ぜんそく 喘息やCOPDといった閉塞性肺疾患がある場合です 371
ぜんふか 前負荷を増やすわけや 55
そうかん 挿管困難での次の一手とは? 251
ぞうきし 臓器障害 「臓器障害」が何を指すかですが 15
感染症が見つかっていなくても,原因がわからない臓器障害があれば,「敗血症じゃないかな?」と考えるのも重要 17
高血圧での臓器障害ってどんなものなんですか? 164
そうたい 相対的バソプレシン欠乏(relative vasopressin deficiency) 74
だい1せ 「第1選択はノルアドレナリン」 68
ためして 試してみるって,抜管するんですか!? 389
だるたに ダルタニアンがアドレナリン 76
たんがだ 痰が出せるかどうかをごく簡単に割り切って考える 395
ちがいが 違いがわからん男やわ 215, 309
ちゅうし 中心静脈カテーテル 中心静脈カテーテルの方が心臓に近いので何となくよく効くような気がしますが 77
中心静脈カテーテルの合併症 78
凝固障害がある患者への中心静脈カテーテル挿入 84
ちんせい 鎮静薬と筋弛緩薬について 232
どうみゃ 動脈カテーテルの感染率は中心静脈カテーテルと比較して決して低くなく 193
どぱどぶ 「ドパ・ドブ交互上げ療法」はいったん封印 64
どぶたみ ドブタミンは一般的に昇圧薬ではなく,強心薬に分類されます 66
とりあえ とりあえずクビはみておく 131
どれくら どれくらいなら「そこそこ」いいんでしょうか? 367
なんこつ なんこつコツコツ法 249
なんべい 南米アマゾン川流域の原住民が矢じりにクラーレを塗って狩りをしていました 235
にかじる ニカルジピンを中心に作用や使い方を覚えておくとよい 178
にとろぐ ニトログリセリン ニトログリセリンは主に静脈に作用する血管拡張薬 182
ニトログリセリンみたいな血管拡張薬を単剤で使うと,反射で逆に心拍数は上がってしまう 186
にとろぷ ニトロプルシドは「過去の薬」になった 183
にゅうさ 乳酸そのものが悪者というわけではない 39
にゅうさ 乳酸はクエン酸回路の手前に登場する物質や 33
にょうろ 尿路感染症は,敗血症の原因としては肺炎と腹腔内感染に次いで頻度が高いんやけど,こんなふうにだいたい1日でよくなるのが特徴や 105
にんしん 妊娠中 妊娠中だとクレアチニンの正常値が違う 201
妊娠中には過換気になる 204
ねんえき 粘液水腫(甲状腺機能低下症) 269
のうこう 脳梗塞やったら,逆に血圧が高くても放っておく 166
のうじん 脳,腎臓,皮膚の3カ所やな 脳,腎臓,皮膚の3カ所やな 32
のるあど ノルアドレナリン,アドレナリン,ドパミンにはα作用とβ作用の両方があるため,血管収縮によって血圧を上げるだけでなく,心拍出量も増加させます 66
はいえん 肺炎 270
はいけつ 敗血症 「敗血症性ショック」って何か整理しとこか 14
治療の三本柱 22
敗血症は「medical emergency」 25
qSOFAの結果にかかわらず,敗血症の疑いが強ければさらに検索を進める 29
敗血症での輸液にアルブミンを積極的に使う根拠は今のところなく 54
「敗血症にステロイドを投与すべき?」 106
はいじゅ 肺循環では逆に,低酸素になると血管が収縮する 140
はいしょ 肺傷害は肺胞で起こるので,心配しているのは肺胞内圧です 363
はいすい 肺水腫 270
はいすい 肺水腫の機序には2とおりあります 354
ばいたる バイタルサインを見るのって結構重要だよね,という基本的な姿勢 29
はげしい 「はげしい運動をすると筋肉に乳酸が溜まる」 38
はじめの はじめの2時間くらいが勝負 315
ばそぷれ バソプレシンは昇圧薬の第1選択薬ではありませんが 75
ばっぐか バッグ換気 バッグ換気は気道管理の基本です 231
バッグ換気してバッグを押しにくいとき 360
はながい 鼻が痛くなりそうです 325
はなかに 鼻カニューレ 325
はやくき 速く効いて速く切れる薬 178
ぱんぱん パンパン 304
ぴーくあ ピーク圧とプラトー圧の差が大きいときには,何か気道の問題があるっていえるんや 359
ぴーくあ ピーク圧とプラトー圧は別物なんや 357
びゅ 「ビュ」 214
ふとって 太ってても1 cmより深いことはまずない 191
ぷらとー プラトー圧 プラトー圧はわざわざ調べないといけないんですね 357
プラトー圧が高ければ,肺胞に問題がある 359
プラトー圧 = 吸気終末の肺胞内圧 364
ふらんす フランスのステロイドは効きが良いのか 106
「ペ」 121
へいそく 閉塞性ショック(obstructive shock) 134
べんちゅ ベンチュリマスク 324
ぼるとす ポルトスがノルアドレナリン 76
まあいま まあ今,作ったんやけどな 213
まっぷ 「まっぷ」 41
まらちゃ マラちゃん 239
むりにp 無理にpHとかPaCO2とかを正常にしようとせず 368
もうさい 毛細血管では血液はゆっくりと流れます 44
ゆうなっ ゆうなっちゅうねん 78
ゆえき 輸液 輸液の種類 49
輸液を入れたときにどんな分布をするのかわかるために 49
輸液をせずに昇圧薬を投与すると前負荷が低下したまま後負荷のみ高くすることになる 60
よそうと 予想と違う呼吸が来たら,イラッときそうですけど 383
よりおお より多くの人に使ってもらうためにあえて収縮期血圧にした 44
りざーば リザーバーというのはフランス語由来の英語で貯水池のこと 327
りざーば リザーバーマスク 324
りんげる リンゲル液の方がよい 53
りんじょ 輪状甲状膜切開 250

著者プロフィール

市原 真(Shin Ichihara)
JA北海道厚生連 札幌厚生病院病理診断科 主任部長
twitter:
@Dr_yandel
略  歴:
2003年 北海道大学医学部卒業,2007年3月 北海道大学大学院医学研究科 分子細胞病理学博士課程修了・医学博士
所属学会:
日本病理学会(病理専門医,病理専門医研修指導医,学術評議員・社会への情報発信委員会委員),日本臨床細胞学会(細胞診専門医),日本臨床検査医学会(臨床検査管理医),日本超音波医学会(キャリア支援・ダイバーシティ推進委員会WG),日本デジタルパソロジー研究会(広報委員長)
本記事の関連書籍

Dr.竜馬のやさしくわかる集中治療 循環・呼吸編 改訂版

讃岐美智義/編著

TOP