第16回「外来診療で勝手に索引!」完全索引|Dr.ヤンデルの 勝手に索引作ります!

16

外来診療で勝手に索引! の完全索引

また来たくなる外来

國松淳和/著

定価3,300円(本体3,000円+税10%) 四六判 296頁 金原出版

また来たくなる外来

※本Web版では完全索引を掲載(本誌誌面では簡略版と解説を掲載しています)

市原のオリジナル索引

読み 項目 サブ項目 ページ
10パー 10パー? なめてんのか 269
70だい 七十代の女性が急に右の膝関節痛で臨時受診した 119
BPPV BPPV 良性発作性頭位めまい症 223
日中などに起きて活動をしている最中に急に起こったBPPVは,まずBPPVとせずに進めたほうがよい 224
Epley法だ! と鼻息が出るようなBPPV 226
EBM EBM,まさかの濡れ衣 205
Take Take Home Massage Take Home Messageなる刺さりもしない薄いご本人方の「未来に役立ちそうにない漠然としたスローガン」 158
Taking “Taking a medical history”とTake(テイク)を用いる 102
UNAGI UNAGI GRIP! 193
あいづち 相槌を打つのは弟子のほうである 124
あいてを 相手を攻撃する人の最大の目的 33
あかしじ アカシジア,パーキンソニズム 228
あせとあ アセトアミノフェンやNSAIDが不応であることはさっさと確認 231
あなたは あなたは健全です 25
あやまっ 謝ったのは「五手目」 33
ありがと ありがとう 「ありがとう」と言われることは,高い目標ではありません 29
問診票,書いてくださってありがとうございます 30
あるふぁ 「アルファ」を加えると予想がどう変わるか,絞られるか 171
あれ…… あれ……こんなあたり一面びしょびしょ…… 173
あんがー アンガーはマネジメントできません 5
あんど 安堵 110
いいこ 良い子 89
いしのい 医師の印象 99
いしほう 医師法第一章・第一条 24
いしゃ 医者 あなたが負ってやるのではなくあなたが演じた医者に負わせればいい 51
病歴は,医者が完成させる 103
ラグビーの選手は処方を受けた患者,ラグビーの監督は処方した医者 208
こんなことを言う医者は呪われたらよい 221
そんな医者は,一生常時このめまい発作に襲われたらよい 225
いたみ 痛み 「痛みでふさぎ込む」というイメージがあるが,意外とそうではない 229
そういえばこの十年,仕事と痛みのことだけでした 230
いちどじ 一度自分の「主電源」を切り 129
いちばん 一番すぐアクセスできる「自分」 28
いつから いつからどんな感じですか〜 123
いっしょ 一緒です 119
いっしょ 一緒にするな 119
いっしょ 一緒に登山の準備(ルート確認,荷造り,トレーニングなど) 248
いっぽう 「一方的に患者さんが話してくる」のではなく一方的に聴いていると考える 130
いつもの いつもの 216
いんとう 咽頭の観察.それにはまず口を開けさせますね 133
うちゅう 宇宙人である 34
うなぎり うなぎ理論 131
うん.き うん.筋トレしよう 265
えびでん エビデンスお兄さん 9
おうき 嘔気 嘔気・嘔吐のインパクトの強さが熱苦痛を完全に凌駕する 220
嘔気がつらそうだと察せられない医師 220
嘔気に積極的に取り組むのが賢明 222
おかいけ お会計のことを気にしてくれた 240
おくすり 「お薬は必ず食後で」とかなり強固に認識している患者が多い 222
おこって 怒っている患者さん 81
おしごと お仕事なんだから 41
おそろし 恐ろしい話 自分の症状や困りごとがまるで「外から降ってきた」「外部から纏わり付いてきた」かのように考えている 247
おはよう 「おはようございます」は秀逸です 31
おれたち おれたちはこれで飯を食っている 174
が,なに が,なにぶん専門的なので 66
かーどだ カードだのスライドだの「子どもだまし」に賛同できない先生 170
かいしゃ 解釈モデルなど聞き過ぎてはダメです 204
がいらい 外来 外来診療に自信がない人 3
初期研修医に外来をやらせていました 59
「また来たくなる外来」にするためには「施し」を与えなければなりません 194
もう二度と行かない外来 256
もう来なくていい外来 259
外来開始10分前に読む 270
かくてい 確定診断後から仮説生成,このゾーンはみなさん,本当に弱いです 155
かぜ 風邪 風邪です 143
「風邪」という仮説を同時に検証 144
風邪という仮定のもとでもう治療についても考えます 144
かせつな 仮説なしに,展開できない 114
がちがち ガチガチに徹底的に 36
かっこよ カッコよくするか,綺麗にするか,ウケる・モテる服装にしてください 53
かようび (火曜日定休日だから)今日は一日時間があるな 96
かんじゃ 患者が変質するかもしれないという可能性に無自覚 108
かんじゃ 患者さん側が寄り添う医療を望んでいないことがあります 39
かんじゃ 患者さんは「症状のことを言えばいいんだ」とわかり 91
かんじゃ 患者に怒りを覚える 48
きずな 23
ぎつうふ 偽痛風 偽痛風かな 120
頭にはある程度いつも偽痛風 120
偽痛風かもという仮説を,いずれも「ハッとして」「軽く」取り下げている点 121
きまりで 決まりで飲む処方箋を作成すべき 226
きゅうき 救急患者に対応する当直業務(※言葉の矛盾あり) 58
きょうは 強迫 107
くにまつ 國松からの合格証 252
くびのけ 首の血管の雑音はありませんでしたよ 134
ぐらむせ グラム染色でもし菌体がみえたら,ハッとして化膿性だったかもと切り替えればよい 121
くりかえ 繰り返し「関心を向ける」 35
ぐるぐる 「ぐるぐる」は病歴聴取上,役立たないと言う諸家もいるが,私は役立つと思う 223
くれーむ 「クレーム」は,後から来ます 74
くんりん 君臨 185
けいじさ 刑事さんの取り調べもこのような感じ 88
けいつい 頸椎症 212
けっかが 結果がAだったら○○しますが,結果がBだったら△△しましょう.多分Bです.そうだとよいですね! 186
けんさ 検査 検査は治療 176
「検査」は患者さんとの距離感を適正化し,コミュニケーション上のマイナスを防ぎ,そして患者さんにほっとしてもらう効果があるかもしれない 180
ごうけい 合計十六分としたかったのだろうと思います.しかし実際には四十三分もかかってしまいました 16
ここはせ ここはせめて読点「,」でなくてはなりません 214
ことばは 言葉はなくても最後にこちらを一瞥する患者さん 258
このあと この後「胸に聴診器を当てよう」と決めたとします 145
このやく 「この薬剤が効く」といった臨床薬学的な議論の土俵に立てない 232
こみゅし コミュ障を克服しようとかというもの 6
ごれいさ 五苓散を二包 227
さいごに 最後に,そっと謝る 84
さんぷん 三分 89
じかんあ 時間圧 13
じくあし 軸足を,意識的に置く 115
じこけい 『自己啓発本』という表現形式 vii
じぞうと 地蔵とアンドロイドをミックスした感じ 130
しつこく しつこく問診すると実際には二十歳から 216
してほし してほしいのはそれだけです.私からも,あなたのご不安については伝えておきます 66
じぶんの 自分の専門外 71
しゅうき 周期し綺麗な三角関数で表せることの美しさ 19
しゅつじ 出場馬全部の馬に賭けた 156
じょうく 上空から見ると,実際には前に進んでいる 182
しょうじ 症状観はあくまで医師の主体性から発せられる 205
しょうれ 症例報告 158
しょほう 処方の内容の決めかたに私は多分こだわりがあります 198
しろいお 白い大きめのメモ書き 137
しんきせ 心気症 229
しんさつ 診察室から逃げる準備 32
じんせい 人生初の「ラーメン二郎」 212
しんたい 身体診察 身体診察を「アナログ検査」と呼んでいます 181
身体診察をしている最中は誰の邪魔も入りません 184
しんたい 身体表現性障害 229
しんだん 診断エラーなる謎の心理学的反省 158
しんだん 診断がわかった後にこそとりわけ嬉々として騒ぎ出す 155
しんだん 診断というものの圧倒的安堵感 265
しんぷる シンプルに患者の症状に関心をフォーカスするのがよい 92
しんりょ 診療が成功する時の患者さんとの距離 42
しんりょ 診療の主役は治療 189
せきつい 脊椎関節炎かもしれない 231
せぶんい セブン-イレブンのコーヒーの香りのよさとコスパ 244
せんげつ 先月孫が生まれました 100
ぜんしん 全身の疼痛(疼痛性障害) 228
ぜんぜん 全然変わりません.何も 246
そういく 創意工夫の余地がある疾病 227
そうわと 総和としてはふんわりさせて 124
そのため そのためには,他人と同じ努力では無理です 251
たいしょ 対症療法 対症療法を試みようとするだけでよい 199
対症療法の決めかたの文脈に即した「症状観」と「薬剤観」 201
対症療法のための症候学 211
片頭痛は根本治療ができないので,治療イコール対症療法 211
風邪や急性腸炎も対症療法 212
対症療法の手を緩めない,介入をしきる 221
だいぶQ だいぶQOLを落としてから受診する 217
だけんき 打鍵器がおすすめ 135
ただちに ただちに言うべきは 66
ちゅうこ 中高年以上では脳卒中のリスクを一段上げておく 225
ちょう 超×× 85
ちりょう 治療の第一選択は「薬の頓服方法の指導」 218
ついった ツイッター 85
つういん 通院している患者さんの平均HbA1cは何と7%を切っていて 7
つきそい 付き添い者は飛車や角 78
ていうか ていうかですね 126
ですよね ですよね.私も甘いもの大好きです.あんまんとか食べちゃいます 139
てんかん 転換性障害 229
どうせね どうせ熱心にまとめようとしてもわからないのだから,最初はしゃべらせる 128
とうつう 疼痛性障害 229
とにかく とにかく「労い」から 84
なんでも 「なんでもみろ」というようなメンタリティで迫ってくるような患者さん 71
なんとい 何というか,ちょっと相談してみているというだけ 72
なんとい なんというかどうでもいい人 45
なんとな 「⑥なんとなく様子がおかしい」が加わったら 205
にしゅう 二週後に受診が確約されていることの安心感 18
のろうい ノロウイルス感染症 220
意識障害があれば,たとえノロウイルス感染症であると(状況から)わかっていても危険 220
はいけっ 敗血症の本態は組織低酸素 257
はいぼく 敗北感orz 220
はなしの 話の切り上げかた 133
はんかち ハンカチの中に入れておきトイレに立つと見せかけてこっそり服用する 218
はんしゃ 反射があまり出ませんね……末梢神経障害はあるかもしれない 135
ひえきっ 冷え切った恋人や夫婦の別離 242
びっくり びっくりするくらい,臨床の仕事が長持ちします 26
ひっしゃ 筆者自身の頸椎MRI 212
ひとりよ 一人予診 92
びょうめ 「病名はないけれど」の部分にも安堵 265
びょうれ 病歴聴取 病歴聴取が捗ります 36
「病歴聴取」に関して非常に刺さる面白い記述 101
病歴聴取は,ジャズです 105
病歴聴取をしている段階からもう治療のことを考えられる 141
ふあんと 「不安」という状態の本質は「選択肢が少ない」ところ 187
ふていし 不定愁訴だと思う前に 205
ふめいね 不明熱? 35歳 男性 159
35歳 男性 ウガンダ帰り 160
35歳 男性 肝障害 MSM 161
35歳 男性 肝障害 AML,地固め療法1コース目施行後,骨髄抑制期の発熱 162
70歳 女性 頭痛 164
70歳 女性 肝障害 165
70歳 女性 肝障害 入院中! 166
70歳 男性 睾丸痛 167
24歳 男性 睾丸痛 168
ふらとれ フラトレ 159
ぶれいく ブレイクスルーできないというとき 4
ぷろふぁ プロファイリングは犯罪捜査(と,目指す成果としての犯人検挙)の一手法 94
へんずつ 片頭痛 215
片頭痛にしては明らかに発症年齢が遅いので 216
そんな不気味な片頭痛はなんだか怖いので 217
片頭痛発作で下がるQOLの程度を,患者自身が定量できていないことが多い 217
へんとう 扁桃周囲膿瘍になった患者さんだけが,後から怒っている 76
ほうげん 方言 77
ほか…… ほか……なんか聞いとくことありますか〜 241
ほどこし 施し 治療は「施し」だが,診断は「施し」ではない 194
「國松先生へ相談すること」は施しではありません 195
「施し」を控える医師 196
施しという言葉が嫌だ 197
ほんしょ 本書を読んでいない先生 238
まずはN まずはNSAIDで練習する 218
またきて 「また来てみよう」と思わせることが重要 55
またなっ またなったらこれを飲んでください.じっとせずに水分をとって動いてください 227
まどぐち 窓口支払額 240
まみをむ マミを迎えにいかないといけないのよ,帰りに〜 256
まよなか 真夜中の場末のバー 105
みじたく 身支度する動作から類推される筋力 257
みみのと 耳の遠さが測定できます 32
むねじゃ 胸じゃないの……首…に? そんな先生初めて 134
むねでは 胸ではなく黙って頸部に聴診器を当てます 134
めまい めまい めまい診療 212
良性発作性頭位めまい症(BPPV) 223
めまいのフェーズの切れ目(めまいが治まった瞬間)がわからないためかもしれない 224
めまいと めまいと吐き気,どっちがつらいですか? 225
めをしっ 目をしっかり見なくても 85
もちべー モチベーションには「ビッグ2」 22, 29
やくざい 薬剤観とは 206
やくざい 薬剤への「失望」は,アドヒアランスも悪くする 232
やりとり やりとりの中で患者は時々刻々と不確かなものになっていきます 50
よかった よかった〜 30
よくおは よくお話を聞くことが,まずやることですよ 66
よくなり よくなりました.ちょっと自分でやってみます 260
よそうが 予想がギューンと変わる 163
りそうろ 理想論です 24
わからな わからなかったらどうしよう 「わからなかったらどうしよう」とは言いますが,そんなことはないはずなのです 59
「わからなかったらどうしよう」の「どうしよう」の部分が漠然とし過ぎている 63

著者プロフィール

市原 真(Shin Ichihara)
JA北海道厚生連 札幌厚生病院病理診断科 主任部長
twitter:
@Dr_yandel
略  歴:
2003年 北海道大学医学部卒業,2007年3月 北海道大学大学院医学研究科 分子細胞病理学博士課程修了・医学博士
所属学会:
日本病理学会(病理専門医,病理専門医研修指導医,学術評議員・社会への情報発信委員会委員),日本臨床細胞学会(細胞診専門医),日本臨床検査医学会(臨床検査管理医),日本超音波医学会(キャリア支援・ダイバーシティ推進委員会WG),日本デジタルパソロジー研究会(広報委員長)
本記事の関連書籍

また来たくなる外来

國松淳和/著

TOP