画像診断Q&A

レジデントノート 2013年2月号掲載
【問題】息切れを訴える70歳代男性

  • 画像はクリック/タップで拡大します

症例

症 例
:70歳代男性
既往歴
:高血圧あり.軽症の糖尿病
喫煙歴
:若い頃から30~40本/日を喫煙していた.3年前から20本/日に減らし,1カ月前に禁煙した
現病歴
:約1年前から心室性不整脈があるとのことで近医でフォローされていた.また,胸部X線写真で 「全体にもやもやした陰影がある」 と言われていた.約半年前から,坂道や階段の上りなどで少し息切れを感じるようになった.胸部X線像で間質性肺炎と診断されて当科を紹介され受診した
身体所見
:心音異常なし.呼吸音:両側肺底部でファインクラックルを聴取.爪はやや丸いがばち指なし.その他特記すべきことなし
検査所見
:血算,生化学,炎症反応,尿所見などには異常なし.KL-6 715 U/mL(正常値 500 U/mL以下)とやや上昇している
肺機能検査
:肺活量3.23 L (%肺活量96.1%),一秒量2.53 L (%一秒量101.2%),一秒率80.1%,%DLCO 82.4%と,肺機能は保たれていた.血液ガスはpH 7.465,PaO2 81.4 Torr,PaCO2 36.0 Torr,安静時酸素飽和度 (SpO2) は97%と正常だが,6分間歩行試験では90%に低下する

Question

  1. Q1. 胸部X線写真(図1)の所見は?
  2. Q2. 間質性肺炎の診断であるが,その原因を探るためには何を行うべきか.

プロフィール

前村 啓太(Keita Maemura)
JR 東京総合病院呼吸器内科
山口 哲生(Tetsuo Yamaguchi)
JR 東京総合病院呼吸器内科
サイドメニュー開く

TOP