実践!画像診断Q&A
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レジデントノート 2014年6月号掲載
レジオネラ肺炎に伴う一過性の脳病変

症例

症 例
:40歳代男性
主 訴
:ふらつき,構音障害
現病歴
:数日前から発熱,咳嗽,喀痰を認めていた.仕事中にふらつきが出現し様子をみていたが改善せず,構音障害が出現したため救急搬送された.入院時の胸部単純X線写真,胸部CTで右下葉に浸潤影を認め,尿中レジオネラ抗原などの検査によりレジオネラ肺炎と診断された
既往歴
:特記すべきことなし

Question

  1. Q1. ふらつき,構音障害などの小脳失調症状から脳血管障害を疑い,頭蓋内精査のために頭部MRI検査を施行しました(図1).異常所見は?
  2. Q2. この後小脳失調症状は徐々に消失し,約2週間後の頭部MRIでは病変が消失していました(図2).診断は?

プロフィール

宮澤 雷太(Raita Miyazawa)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
田村 謙太郎(Kentaro Tamura)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
陣崎 雅弘(Masahiro Jinzaki)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載TOPに戻る

おすすめ書籍

  • 画像診断に絶対強くなるワンポイントレッスン
    詳細購入
  • レジデントノート増刊「救急で冴える!胸部画像の読影力」
    詳細購入
  • 正常画像と並べてわかるシリーズ「救急画像 改訂版」
    詳細購入
  • レジデントノート増刊 Vol.13 No.6 「異常所見を探す! 見つける!腹部画像の読み方」
    詳細購入
  • 胸部X線画像診断Q&A
    詳細購入
羊土社会員
ログインしていません