画像診断Q&A

レジデントノート 2014年7月号掲載
【問題】膵炎と黄疸をきたす,一度おさえておきたい疾患です

  • 画像はクリック/タップで拡大します

症例

症 例
:60歳代,男性
主 訴
:黄疸
現病歴
:2週間前より黄疸を認めていた.軽度の右季肋部痛を認め外来を受診,緊急入院となった
血液所見
:WBC 6,100/μL,CRP 0.87 mg/dL,TB 10.7 mg/dL(D-Bil 7.4 mg/dL),AST 46 IU/L,ALT 36 IU/L,ALP 995 IU/L,γ-GTP 214 IU/L,AMY 24 IU/L,GLU 104 mg/dL,CEA 2.4 ng/mL,CA19-9 132 U/mL,DUPAN-2 126 U/mL

Question

  1. Q1. 来院時の腹部造影CT(図1)とMRCP(図2)を示します.病変はどの部位に存在しているでしょうか? 最も疑わしい疾患は?
  2. Q2. 追加する検査を考えてください

プロフィール

須田 麻子(Asako Suda)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
西村 亜希子(Akiko Nishimura)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
田村 謙太郎(Kentaro Tamura)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
陣崎 雅弘(Masahiro Jinzaki)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
サイドメニュー開く

TOP