画像診断Q&A

レジデントノート 2017年1月号掲載
抗菌薬無効の肺炎として紹介された20歳代女性

  • 画像はクリック/タップで拡大します

症例

症例
:20歳代,女性.
既往歴
:特記すべきことなし
生活歴
:職業;会社員,喫煙;10本/日,飲酒;ビール500 mL/日
現病歴
:x月1日頃から倦怠感と微熱を自覚.2日から38℃の発熱,3日から39〜40℃の高熱となり,4日から乾性咳嗽が出現.4日に診療所を受診し,アセトアミノフェンが処方された.しかし高熱が続き,食事摂取不良となり,画像所見,炎症反応高値から,肺炎の診断でA病院に入院となった.タゾバクタム・ピペラシリンの点滴静注が行われたが,改善しないため9日に当科に転院となった.
身体所見
:身長152 cm,体重44 kg,血圧118/80 mmHg,脈拍94 回/分,呼吸数17 回/分,体温38.9℃,意識清明.
胸部
:ラ音なし,心雑音なし.
腹部
:肝・腎・脾触知せず,表在リンパ節触れず.浮腫なし.
検査所見
:WBC 4,620/μL,Hb 11.6 g/dL,Plt 16.2万/μL,Alb 3.4 g/dL,AST 18 IU/L,ALT 10 IU/L,LDH 207 IU/L,UN 2 mg/dL,Cr 0.7 mg/dL,CK 96 IU/L,CRP 9.8 mg/dL,IgG 1,192 mg/dL,血液ガス分析(room air);pH 7.462,PaO2 69.6 Torr,PaCO2 30.2 Torr

Question

  1. Q1 :胸部単純X線写真(図1)の所見は?
  2. Q2 :どのような病気を疑って,どのような検査をしますか?

プロフィール

大河内康実(Yasumi Okochi)
JCHO東京山手メディカルセンター 呼吸器内科
徳田 均(Hitoshi Tokuda)
JCHO東京山手メディカルセンター 呼吸器内科
サイドメニュー開く