画像診断Q&A

レジデントノート 2017年3月号掲載
【解答・解説】腹部膨満感を認める30歳代女性

Answer

OHSS(ovarian hyperstimulation syndrome:卵巣過剰刺激症候群)

  • A1:骨盤内に腫大した卵巣(右9×7 cm,左8×5 cm)を認め,両側ともに嚢胞が多発している(図2右卵巣図3左卵巣).右胸水(図1),腹水(図123)が貯留している.皮下の脂肪織濃度が上昇し,軽度皮下浮腫を認める(図23).
  • A2:不妊治療に伴うOHSS.

解説

OHSSは排卵誘発剤の使用で生じる医原性の黄体化過剰反応の一種である.hMG製剤投与により高FSH血症,内因性高LH血症となったところにhCG製剤を投与することによって発育卵胞の黄体化が発生する.黄体細胞より血管透過性亢進物質が産生され,胸腹水貯留,血管濃縮,腎障害,浮腫を引き起こし,重症例では死亡することもある1).不妊治療中の約半数で認められるとされるが,近年ではホルモン剤投与法の工夫により入院加療が必要となる重症例は0.5〜5%と減少している2)

画像所見では両側卵巣の腫大(図23)を認め,多房性嚢胞構造により間質が車輻状構造(spoke-wheel appearance)を呈する2).また,嚢胞内への出血(参考症例 図4)や,卵巣腫大による捻転をきたすこともある.またOHSSを疑った場合は脱水に起因するPE/DVTなど血栓症の合併がないか確認する必要がある.

両側卵巣が多房性嚢胞を伴って腫大し,胸腹水貯留を認めた場合は病歴を確認し,不妊治療歴を確認することで診断へとつながる.

図1
図2
図3
図3
  • 画像はクリック/タップで拡大します

文献

  1. 安藤一道,伊吹令人.卵巣過剰刺激症候群(OHSS)のリスク因子と対策.日産婦誌,52:97-100,2000
  2. 「産婦人科の画像診断」(田中優美子/著),p413,金原出版,2014

プロフィール

栗原真帆(Maho Kurihara)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
松本俊亮(Shunsuke Matsumoto)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
陣崎雅弘(Masahiro Jinzaki)
慶應義塾大学医学部 放射線診断科
サイドメニュー開く

TOP