画像診断Q&A

レジデントノート 2018年6月号掲載
けいれん,意識障害で搬送された5カ月女児

  • 画像はクリック/タップで拡大します

症例

症例
:5カ月,女児.
主訴
:けいれん,意識障害.
現病歴
:自宅で啼泣中に突然泣き止み,顔色不良となったため家族が救急要請をした.救急室搬送時,ぐったりした様子,眼球上転を認め,けいれん発作が継続していた.呼吸数40 回/分,鼻カヌラ1L/分の酸素投与でSpO2 88%であり全身チアノーゼを認めた.血圧108/68 mmHg,CRT 2秒以上,GCS E2V1M1.経過中に発熱や先行感染はなし.抗けいれん薬を使用し,気管挿管を行った.
血液検査
:WBC 9,750 /μL,Hb 9.4 g/dL,Plt 365×103 /μL,CRP 0.22 mg/dL,PCT 0.327 ng/mL,肝機能,腎機能,凝固系に異常を認めない.脳波で全般性に高振幅徐波がみられた.

Question

    頭部CT,MRIを示す( 図1,2).
  1. Q1 :画像の所見は? 鑑別のために行うべき検査は?
  2. Q2 :診断名は? 対応は?

プロフィール

禅正和真(Kazumasa Zensho)
岡山大学病院 卒後臨床研修センター
塚原紘平(Kohei Tsukahara)
岡山大学 救命救急・災害医学講座
中尾篤典(Atsunori Nakao)
岡山大学 救命救急・災害医学講座
サイドメニュー開く

TOP