レジデントノート:夜間外来の薬の使い分け〜患者さんの今夜を癒し明日へつなぐ、超具体的な処方例
書籍を購入する
レジデントノート 2018年6月号 Vol.20 No.4

夜間外来の薬の使い分け

患者さんの今夜を癒し明日へつなぐ、超具体的な処方例

  • 薬師寺泰匡/編
  • 定価 2,000円+税
  • 2018年05月発行
  • B5判
  • 138ページ
  • ISBN 978-4-7581-1608-4
  • 販売状況: 注文可能(在庫あり)
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜間外来でよく困る“急にやってくる,重篤というわけではない疾患・症候”での薬の使い分けや考え方・処方例を超具体的に解説.鎮痛薬・睡眠薬・抗菌薬など,目の前の患者さんに何がどれだけ必要なのかばっちりわかる!

内容見本
内容見本0内容見本1内容見本2内容見本3内容見本4内容見本5内容見本6
序文(一部抜粋)

(前略)

夜間外来は通常外来のようで救急外来のような,間の存在といえるかもしれません.状態が不安定な患者さんから,比較的安定した患者さん,日中に受診し損ねたという理由で夜間に来てしまう元気な人も紛れ込んでいるかもしれない,非常にバラエティ豊かな環境です.全身状態が安定していればしているほど,処方するときは薬効と副作用のバランスがかなりシビアになります.明らかに投薬が必要なシチュエーションもあるかもしれませんが,翌日まで安定していればいいのであれば,投薬しないという選択肢も考えたくなる状況です.目の前の患者さんに,薬が必要なのか,必要ないのか,投薬するとしたら何がいいのか,そこにエビデンスはあるのか,誰か教えてくれよと考えたものです.

(中略)

今回の特集では,実際に私も悩んだ夜間外来での薬の使い方について,研修医とともにERの最前線で活躍する諸先生を中心に,エビデンスとエクスペリエンスに基づいた具体的な方策を提示していただきました.目の前の患者さんに投薬が必要なのかどうなのかという判断基準を提示し,投薬が必要な場合の具体的な投薬方法を提示しております.日々の診療の参考にしていただければ幸いです.

(中略)

夜間いらっしゃる患者さんは,夜間いらっしゃるなりの理由がある人がほとんどです.皆さんもしんどいけど患者さんもしんどいのです.辛いときこそ,よい対応をされたら嬉しいものです.皆さんの悩みを解決し,そして患者さんの悩みも解決し,この特集がいろんな人の夜明けとなれば幸いです.

目次

特集

夜間外来の薬の使い分け〜患者さんの今夜を癒し明日へつなぐ、超具体的な処方例
編集/薬師寺泰匡(岸和田徳洲会病院 救急科)
特集にあたって【薬師寺泰匡】
鎮痛薬の使い方,こんなときどうする?〜「痛み」を科学する?【今本俊郎】
睡眠薬・抗不安薬の使い方と注意点〜“静かな拡大”を防ぐために【坂田幹樹】
患者さんの不安を取り除く整腸薬の使い方【石井洋介】
自信をもてる制吐薬・鎮痙薬の使い方【川原加苗】
知っておくべき抗不整脈薬の使いどころ【岡田信長】
エビデンスをふまえた抗インフルエンザ薬の使い方【安藤裕貴】
疫学を意識した肺炎に対する抗菌薬の使い方【福家良太】
尿路感染症に対する抗菌薬で困らないために知っておきたいこと【小林靖孟】

連載

実践!画像診断Q&A―このサインを見落とすな
けいれん,意識障害で搬送された5カ月女児【禅正和真,塚原紘平,中尾篤典】
前胸部痛を主訴に来院した20歳代男性【北村淳史,山口哲生】
臨床検査専門医がコッソリ教える…検査のTips!
第15回 ホルマリン固定すればすべて診断できる?【山下理子】
みんなで解決! 病棟のギモン
第27回 高齢患者での便潜血の考え方【朝倉崇徳】
こんなにも面白い医学の世界 からだのトリビア教えます
第45回 春先に増える自殺について考える【中尾篤典】
眼科エマージェンシー こんなときどうする?
第31回 左眼がだんだん見えなくなってきた!(病棟急変)【青木崇倫】
新連載 攻める面談,守る面談
第1回 先天的なコミュ力とは違う,医療のコミュニケーション力【岡村知直】
対岸の火事、他山の石
第201回 ゴルフが下手なわけ【中島 伸】
総合診療はおもしろい! 〜若手医師・学生による活動レポート
第57回 診療所家庭医の1日の様子【堀越 健】
特別掲載
「第1回 救急×緩和ケアセミナー」参加報告【松元宗一郎】

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758109390
  • 9784758118279
  • 9784758117791
  • 9784758117531
  • 9784758117746

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • M2PLUS eBookStore
  • VarsityWave eBooks
  • Kinoppy
  • 医書.jp
サイドメニュー開く