画像診断Q&A

レジデントノート 2019年6月号掲載
交通外傷で搬送された60歳代男性

  • 画像はクリック/タップで拡大します

症例

症例
:60歳代男性.
現病歴
:歩行中に左側から約20 kmで走行中の普通車に接触,数m跳ね飛ばされたとのことで救急搬送された.
既往歴
:胃癌(手術後),難聴.
身体所見
:意識レベルは清明.血圧142/66 mmHg,心拍数 86回/分.バイタルサインは安定しており,跛行はあるが受傷前の歩容と同様.腰部・下肢に疼痛や腫脹は認めない.
血液検査所見
:特記すべき異常なし.

Question

  1. Q1 :骨盤部単純X線像(図1)から考えられる疾患は何か?
  2. Q2 :適切な対応は何か?

プロフィール

有吉雪乃(Yukino Ariyoshi)
岡山大学病院 高度救命救急センター
山川泰明(Yasuaki Yamakawa)
岡山大学病院 高度救命救急センター
中尾篤典(Atsunori Nakao)
岡山大学病院 高度救命救急センター
サイドメニュー開く

TOP