[巻頭インタビュー]あの先生に会いたい!vol.1
患者さんにも家族にも文献にも“愛”が大事なんです!

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レジデントノートインタビューコーナー『あの先生に会いたい!』では,さまざまなフィールドでご活躍中の先生に,医師として歩んでこられた道のりや,現在,そして将来のこと,さらに私生活とのバランスの取り方などについて語っていただきます.また番外編では,本誌に収まりきらなかった内容をホームページ限定で紹介していきます.

番外編5 -妻の直子さんとの出会い-

林先生(以下敬称略):うちの妻の直子さん.そうですね出会いから話すとずいぶん長くなるのでやめときますか?

平林先生(以下敬称略):興味ありますね.

林:僕が研修医のときに,いたいけな研修医が小児科をローテーションしているときのオーベンが直子さんということですね.

平林:小児科のオーベンだったんですか.あ,年上なんですか?

林:ええ年上なんです彼女は.で,きらびやかにみえて化粧もばっちりしていましたし,「おお大人の女性だ!」みたいな感じで,歳はどうせ1つか2つくらいしか違わないだろうと思って,唾をつけたつもりがつけられていたという(笑).結婚するまで僕は歳知らなかったですね.

平林:初めて知りました.

林:それで結婚してからは,僕は織田(おた)病院というところの官舎に住んでいたので,彼女は50 km離れた病院まで通ってたいんですよ,ありがたいことに.

平林:あそこからですか!?

林:織田からまた違う病院まで通ってくれていたのですね.そこで,彼女は車を買い替えたのですが,そしたら,そこの村のなかでは林先生は女変えたって噂が出まして.すごい監視システムだなぁと思いましたね(笑).

平林:凄いですね.

林:「全然変わってませんよ.ずっと同じ妻です」みたいな.

Profile

林先生
林 寛之(Hiroyuki Hayashi)
福井県立病院救命救急センター
熱心でガッツのある研修医に囲まれて幸せな毎日です.あなた達のおかげで私も勉強できるんだなぁって.

平林先生
平林靖子(Yasuko Hirabayashi)
福井県立病院救命救急センター
林先生のなかには,患者さん・研修医・家族への愛情と情熱がぎっしりつまっていることがわかりました.私も1歩1歩がんばりたいです.

PrevNext

林先生執筆の書籍

ステップ ビヨンド レジデント 1 救急診療のキホン編
ステップビヨンドレジデントシリーズ
ステップ ビヨンド レジデント 1 救急診療のキホン編
林寛之/著
ステップ ビヨンド レジデント 2 救急で必ず出合う疾患編
林寛之/著
ステップ ビヨンド レジデント 3 外傷・外科診療のツボ編
林寛之/著
ステップ ビヨンド レジデント 4 救急で必ず出合う疾患編 Part 2
林寛之/著
ステップ ビヨンド レジデント 5 外傷・外科診療のツボ編 Part2
林寛之/著
日常診療のよろずお助けQ&A 100
救急・外来・当直で誰もが出会う「困った」に経験とエビデンスで答えます!
日常診療のよろずお助けQ&A 100
林寛之/編著 菅野圭一,岩田充永/著
日常診療のよろずお助けQ&A上級編
研修医の指導から臨床現場のあらゆる疑問まで,ポストレジデントの「困った」に答えます!
日常診療のよろずお助けQ&A上級編
林寛之/編著 菅野圭一,岩田充永/著
サイドメニュー開く

TOP