[巻頭インタビュー]あの先生に会いたい!番外編7 専門医でも内科の総合力を伸ばすために(山中先生)

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本コーナーでは,さまざまなフィールドでご活躍中の先生に,医師として歩んでこられた道のりや,現在,そして将来のこと,などについて語っていただきます.2012年4月号では藤田保健衛生大学 総合救急内科の山中克郎先生にご登場いただき,名古屋第一赤十字病院 神経内科 後期研修医の安藤孝志先生にインタビュアーを務めていただきました.

番外編7 専門医でも内科の総合力を伸ばすために

安藤先生(以下敬称略):日本で専門医をやりながら,内科医としての総合力を伸ばしていくためにはどのような方法がありますか.

山中先生(以下敬称略):例えば,一般の初診を診る外来をさせてもらったり,若い人の場合には3カ月間は救急をやってみるなど,ある程度ジェネラルに患者さんを診る期間が必要だと思います.あとはいろいろなところに勉強に行ったりするのもよいですね.

安藤:普段と異なる環境で学ぶのは,面白いですよね.

山中:安藤先生のいる病院は名古屋でも1番大きな病院なので,どうしても専門分化されてしまうかと思います.地方に行くと違ったスタイルでやっている病院やより幅広く病気を診ないといけない病院ってありますよね.そして,地方であってもよい教育があるところにはモチベーションの高い若者が集まります.諏訪中央病院には佐藤泰吾先生というすごい総合診療医がいて,非常に熱心に教育をされています.地方の病院ですが後期研修医がすごくたくさん集まり,みんな楽しそうに働いています.

安藤:よい指導者や教育があるところには人が集まってくるのですね.

山中:そう思います.場所じゃないですね.やはり教育者の情熱に引き寄せられるのです.

Profile

山中先生
山中 克郎(Katsuo Yamanaka)
藤田保健衛生大学 総合救急内科
私には夢があります.病歴と基本的身体所見を重視する心優しい医師をたくさん育てることです.診断したければ患者さんの訴えによく耳を傾けることです.言葉にならない心の声を微笑みをもって受けとめる優しさはどんな治療薬にも勝るのです.

安藤先生
安藤 孝志(Takashi Ando)
名古屋第一赤十字病院 神経内科 後期研修医
山中先生の穏やかな語り口に引き込まれました.
サイドメニュー開く

TOP