科学で見る恋愛講座

雑誌『レジデントノート』に掲載された「科学で見る恋愛講座」をWEBでも順次公開してまいります!.

第4回 恋もエビデンス! 恋愛の心理学

「つり橋のうえでドキドキすると,恋愛感情と勘違いしやすい」
このような誰が言いだしたのかわからない胡散臭い話を,一度は聞いたことがあるでしょう.この「愛のつり橋効果」は単なる空想話ではなく,実際に心理学の研究で発表されたものです1).なんと,恋愛心理にもエビデンスがあるんですね! 社会心理学では,恋愛を研究対象として,数々の報告がなされています.今回は,恋愛心理学のごく一部をご覧いただきましょう.それらを駆使すれば,意中の相手を振り向かせることができる!…かもしれません(毎回,同じことを言ってるなぁ).

1 会えば会うほど好きに,好きが好きを呼ぶ

気になる異性がいたとしても,遠くから見ているだけでは,思いは通じません.どうにかしてお近づきになりたい,と考える人には,まず「単純接触効果」をおすすめします.これは,人は普段よく見かける人に対して,好意を抱きやすくなるという研究結果からきたものです2).人は見知らぬ他人に対し警戒心を強めますが,よく見かける人には警戒心を弱める心理が働き,その結果,好意を抱くようになります.つまり,院内に気になるスタッフがいれば,その病棟や部門へ足しげく通うことが効果的なのです(さらに臨床研修も充実し,一石二鳥!).

もちろん顔を合わせるだけでは,ある程度の好意は得られても,恋愛には発展しません.もう一歩深い関係をめざすのであれば,「好意の返報性」が効果的です.これは,人は自分に好意をもつ人を好きになりやすいという特性で,恋愛関係において特に効果が出やすいのです3).要するに,人から「好きだ」と言われるだけで,その人のことを好きになりやすくなるのです.直接「好きだ」と伝えるのはストレートすぎますが,相手の容姿やふるまいが「素敵だ」と褒め,努力している姿を「尊敬している」と伝えるだけでも,間接的に好意を表現しており,好意の返報性が得られます.一方,相手をからかったり,冗談を言ったりして,場を和ませることが得意な反面,相手に好意を伝えるのが下手な人は,要注意です.相手が冗談に対して嫌悪を感じると,嫌悪の返報性も存在するため,恋愛に発展する機会をどんどん失うことになります.

単純接触効果と好意の返報性は,恋愛に限らず,仕事での対人関係でも成立するため,ぜひ知っておいてほしいテクニックです.

【PR】先輩たちにも大好評のペンライトがもらえる!
レジデントノート定期購読

2 ロマンティック・レッド

最新の研究では「レッド」を語らずして,恋愛心理は語れません.そのくらいレッド,つまり赤色が恋愛に大きなインパクトを与えます.簡単に言うと,女性が赤色を身につけると,男性から見たときの魅力が高まることが証明されています4).ほかにもさまざまな実験が行われ,赤色の服を身につけるのはもちろんのこと,その人の背景や装飾品などを赤色にすることでも,本人の魅力を高めることがわかっています.なぜ,赤色が女性の魅力を高めるのか? それは,動物のメスのなかに,発情期になると体の一部を赤く変化させるものがおり,この発情期の名残が人にも受け継がれ,赤色を性的な魅力として感じるのではないか,と考えられています.このことから,意中の男性にアタックするときは,白い白衣を着た仕事中よりも,赤い衣服や装飾品を身につけたプライベートの方が,成功率があがると思われます.ぜひお試しあれ.

3 セクシーな誘惑

ハリウッド映画を見ていると,美しい女性が悪者を誘惑し,機密情報を盗み出すというお決まりの展開があります.それもそのはず,男性は女性のセクシーな誘惑にめちゃくちゃ弱いことが,実験によって証明されています.どのように実験したのか気になるところですが,レジデントノート上では刺激が強すぎるので,参考文献にとどめておきます5).男性陣は,ハニートラップにくれぐれもご注意ください.

ただ,私の真意はそこではありません.同様の反応を示す「ボディタッチ」で説明しましょう.男性は女性からのボディタッチを「好印象」や「相手からの好意」ととらえやすいのに対し,女性は男性からのボディタッチの多くを「不快」と見なします.男性が好ましいと考える勘違いが,女性を不快な気持ちにさせる一例であり,これが社会問題へと発展したものが「セクハラ」です.セクシーな誘惑に喜びを感じるのは男性限定であり,逆に女性は不快に感じることを,男性陣は肝に銘じておきましょう.

恋愛を対象とした心理学を学べば,男女の共通心理から異なる心理まで理解でき,恋愛関係を築くうえで有意義なものになるでしょう.ただ,恋愛成就のために,ありとあらゆる心理学を駆使するのは,仮面をつけて他人になりすまして恋愛をするようなもので,少し残念な気もします.恋愛成就の次のステージでは,結婚,出産・育児,老後と続き,人としての中身や器の大きさが求められます.小手先の恋愛テクニックはほどほどにし,心身を磨き,ありのままの自分を受け入れてもらえて成就した恋愛こそ,幸せな関係が長く続くのかもしれませんね.

文献

  1. Dutton DG,et al:Some evidence for heightened sexual attraction under conditions of high anxiety.J Pers Soc Psychol,30:510-517,1974
  2. Zajonc RB:Attitudinal effects of mere exposure.J Pers Soc Psychol,9:1-27,1968
  3. Aron A,et al:Experiences of falling in Love. J Soc Pers Relat,6:243-257,1989
  4. Elliot AJ,et al:Romantic red:red enhances men’s attraction to women. J Pers Soc Psychol,95:1150–1164,2008
  5. Ariely D,et al:The heat of the moment:the effect of sexual arousal on sexual decision making.J Behav Decis Mak,19:87-98,2006
  6. 「赤を身につけるとなぜもてるのか?」(タルマ・ローベル/著,池村千秋/訳),文藝春秋,2015

著者

早渕 修(徳島県立中央病院総合診療科)
恋愛に対する心理学の研究は,たいへん興味深いものがあります.ですが,言うは易く行うは難しの言葉どおり,理論を知っても,すぐに実行できるものではないでしょう.私もそんな面倒くさいことを,いちいち実行しておりません(笑).私の経験上,研修医は明るく元気で,一生懸命に仕事をする人が,一番モテるような気がします.
【PR】脱・その場しのぎ!“時間軸”で考える心不全診療を徹底解説!

レジデントノート 2020年1月号 Vol.21 No.15
心不全診療で考えること、やるべきこと
救急外来・CCU/ICU・病棟で、先を見通して動くために研修医が知っておきたい診断や治療のコツをつかむ!

木田圭亮/編
サイドメニュー開く

TOP