こんなにも面白い医学の世界 からだのトリビア教えます

第27回 美容院卒中症候群

前回の「中華料理店症候群」に続いて今回も少し変わった名前の疾患をご紹介します.理容室ではシャンプーのとき顔面を下にした状態になりますが,美容院では仰向けになりますよね.この仰向けで首を反らす姿勢は意外と危険だというお話です.

1993年にアメリカ内科学会雑誌に,仰向けでシャンプーを受けている人が,めまい,吐き気,手足のしびれや頭痛などの症状を起こす症例が報告され,美容院卒中症候群(Beauty parlor stroke syndrome)と名付けられました1).原因は頸部過伸展位による椎骨動脈の狭窄,閉塞による椎骨脳底動脈領域の循環不全があげられ,これに続発した脳虚血の症状であると説明されています.椎骨動脈は左右に2本あるため,どちらか一方が完全閉塞しても全く症状が現れないことが多いのですが,もともと左右のどちらか一方が発達しているのが普通で,よく発達している方が閉塞すると症状が現れやすいといわれています.

トリビアイメージ

ただ,これについては疑問を呈する意見もあります.2002年に過去に美容院でシャンプーのときにめまいなどの脳卒中症候群の症状があった25人の被験者を,美容院と同じ頸部過伸展位で脳血流を測定したところ,脳血流の低下は認めなかったそうで,椎骨脳底動脈領域の循環不全を直接証明することはできていません2)

実は,この椎骨脳底動脈領域の虚血に関しては,他にもいろいろな姿勢や活動で起きることが報告されています.有名なものにStendhal syndromeがありますが,これはイタリアのフィレンツェの壁画や天井画を見た観光客に至福感とともにめまい,失神が起きるという疾患で,以前は美しいものを見たための精神的反応と信じられていましたが,絵画を鑑賞するために長時間首を反らせることによる同じメカニズムが推測されます.他にも,ヨガ3)や術中のポジショニングによって脳梗塞が起きた例も報告されており4),この姿勢の危険性を念頭においておく必要はありそうです.

私が以前に当直で働いていた病院はユニバーサル・スタジオ・ジャパンの近くにあり,ジェットコースターなど激しい乗り物に乗った後にめまいや吐き気を訴える患者さんが多く来ました.全例にMRIを撮るかは議論の余地がありますが,頸部の過伸展や回旋後の脳血管障害を疑えば,詳細な病歴聴取と頭部MRI/MRA検査を行うべきかもしれませんね.疾患のなかにはいろいろ面白いニックネームがついたものがありますが,知っていなければそれを疑うこともできません.

文献

  1. Weintraub MI.:Beauty parlor stroke syndrome: report of five cases. JAMA, 269:2085-2086, 1993
  2. Foye PM, et al.:Pain, dizziness, and central nervous system blood flow in cervical extension: vascular correlations to beauty parlor stroke syndrome and salon sink radiculopathy. Am J Phys Med Rehabil, 81:395-399, 2002
  3. Hanus SH, et al:Vertebral artery occlusion complicating yoga exercises. Arch Neurol, 34:574-575, 1977
  4. Zangbar B, et al.:Beauty parlor stroke syndrome: a rare entity in a trauma patient. Am Surg, 81:E120-122, 2015

著者

  • 中尾篤典(岡山大学医学部 救急医学)
豊富な臨床写真とQ&Aで,コモンな疾患がサクサク学べる!

レジデントノート増刊 Vol.21 No.11
臨床写真図鑑ーコモンな疾患編 集まれ!よくみる疾患の注目所見
あらゆる科で役立つ、知識・経験・着眼点をシェアする81症例

忽那賢志/編
サイドメニュー開く

TOP