栄養科学イラストレイテッド

臨床栄養学 基礎編

  • 本田佳子,土江節子,曽根博仁/編
  • 2012年02月01日発行
  • B5判
  • 174ページ
  • ISBN 978-4-7581-0871-3
  • 定価:2,970円(本体2,700円+税)
  • 注文不可
    在庫:なし
PDFダウンロード

栄養ケアマネジメントの概要と流れをすっきり解説.国試出題基準に基づきながら、豊富な図表で実際の栄養ケアがイメージしやすい!臨床栄養学の基礎固めに最適なテキスト.姉妹版ノートとの併用で更に力がつく!

目次

第1章 臨床栄養学の基礎【本田佳子】

1. 意義と目的

  • 内部環境恒常性の栄養支援
  • 自然治癒の促進
  • 症状の悪化・再発の防止
  • 症状の改善
  • 摂食支援
  • QOL(生活の質,人生の質)
  • ターミナルケア(終末期医療)

2. 疾患と栄養

  • 疾患の成因としての栄養
  • 生活習慣病
  • 疾患の結果(病態)としての栄養障害
  • Advanced リスボン宣言に示された患者の権利

第2章 チーム医療,在宅医療【鞍田三貴/山下扶美/井尻吉信/山東勤弥】

1. チーム医療,栄養サポートチーム(NST)

  • 治療における栄養マネジメントの意義
  • さまざまなチーム医療
  • わが国の栄養サポートチーム(NST)
  • NSTにおける管理栄養士の役割

2. クリニカルパス

  • クリニカルパスの意義と歴史
  • クリニカルパスの役割

3. 医療保険制度

  • 医療保険制度における入院時食事療養制度・栄養食事指導料
  • 生命倫理,医の倫理,守秘義務
  • 患者・障害者の権利・心理
  • インフォームドコンセント

4. 福祉・介護と在宅医療

  • 国際疾病分類(ICD),国際障害分類(ICIDH),国際生活機能分類(ICF)
  • ノーマリゼーション
  • 在宅医療,訪問看護
  • 介護保険制度における基本食事サービス
  • Advanced 数値だけを見るのではなく,病態に臨む

第3章 栄養ケアマネジメントの概要【水元 芳/佐藤敏子/宮本佳代子】

1. 栄養ケアマネジメントの概要

  • 栄養ケアマネジメントの定義
  • 栄養ケアマネジメントの過程

2. 栄養アセスメント

  • 健康状態のアセスメント(ヘルスアセスメント,health assessment)
  • 栄養アセスメントの意義・目的

3. 栄養アセスメントの方法

  • 静的アセスメントと動的アセスメント
  • 臨床診査(身体徴候)
  • 臨床検査
  • 身体測定
  • 食生活状況の把握
  • 食知識,食態度,食行動,食スキル
  • 食環境
  • 生活習慣(ライフスタイル)
  • 生活環境,社会・経済・文化的環境,自然環境
  • QOL(生活の質,人生の質)
  • 健康・栄養問題(課題)の検出と決定

4. 栄養補給の概要

5. 栄養ケアプログラムのプラン

  • 課題の必要性・優先性
  • 課題の実施可能性
  • 資源と費用

6. 栄養ケアプログラムの目標設定

7. 栄養ケアプログラムの実施

  • 各種組織・従事者・患者の連携
  • 実施

8. 栄養ケアプログラムの評価

  • 栄養ケアプログラムに対するアウトカム評価の必要性
  • アウトカム評価の指標
  • PDCAサイクルに基づく栄養ケアプログラムの評価
  • Advanced CONUT栄養評価法

第4章 傷病者の栄養アセスメント【河原和枝/土江節子】

1. 意義と目的

2. 栄養スクリーニング

  • 栄養スクリーニングの意義
  • 栄養スクリーニングの方法

3. フィジカルアセスメント

  • 主観的評価
  • 包括的評価
  • 自他覚症状の観察
  • 主訴,現病歴,既往歴(現症),家族歴,生活歴

4. 臨床検査

  • 栄養状態の評価指標
  • 病態の評価指標

5. 身体計測

6. 食生活状況の把握

  • 調査内容
  • 外来患者への調査(入院患者に実施する場合もある)
  • 入院患者への食事調査
  • その他の調査方法

7. 栄養必要量の算定(推定)

  • エネルギー必要量
  • タンパク質必要量
  • 脂質必要量
  • 炭水化物必要量
  • 水分必要量
  • ビタミン必要量
  • 無機質(ミネラル)必要量

8. 栄養アセスメント

  • エネルギーのアセスメント
  • タンパク質のアセスメント
  • 脂質のアセスメント
  • 炭水化物のアセスメント
  • 水分のアセスメント
  • ビタミンのアセスメント
  • 無機質(ミネラル)のアセスメント
  • 総合的な栄養のアセスメント(健康・栄養問題の決定)
  • Advanced 要介護高齢者に対する栄養評価

第5章 食事療法,栄養補給の方法【金胎芳子】

1. 食事療法と栄養補給

  • 食事療法と栄養補給の歴史
  • 食事療法と栄養療法の特徴
  • 栄養補給の選択

2. 経口栄養補給

  • 治療食と介護食
  • 治療食の種類
  • 治療食の疾患別分類と主成分別分類
  • 常食,軟食,半固形食
  • 特別治療食
  • 食品選択と献立作成

3. 経腸栄養補給

  • 目的
  • 適応疾患と絶対的禁忌
  • 投与経路
  • 経腸栄養剤の種類と成分
  • 投与方法
  • 栄養補給に必要な器具・機械
  • モニタリングと再評価
  • 経腸栄養の合併症と対応
  • 在宅経腸栄養サポート

4. 経静脈栄養補給

  • 目的
  • 適応疾患と禁忌
  • 投与経路
  • 経静脈栄養剤の種類と成分
  • 栄養補給量の算定方法
  • 栄養補給に必要な器具・機械
  • モニタリングと再評価
  • 経静脈栄養の合併症と対応
  • 在宅経静脈栄養サポート
  • Advanced 疾患別の診療・治療ガイドライン

第6章 薬と栄養・食物の相互作用【中島 啓】

1. 薬と栄養・食物の相互作用を学ぶ意義

2. 栄養・食物が医薬品に及ぼす影響

  • 薬物動態学的相互作用
  • 薬理学(薬力学)的相互作用

3. 医薬品が栄養・食事に及ぼす影響

  • 味覚,食欲,栄養素の消化・吸収・代謝・排泄に及ぼす薬物の作用
  • 水・電解質に及ぼす薬物の作用
  • Advanced NSAIDsの副作用が主作用!?

第7章 栄養ケアの計画と実施,記録【久保ちづる/土江節子】

1. 栄養ケアの目標設定

2. 栄養ケアの計画書の作成

  • 栄養量の設定
  • 栄養補給法の決定

3. 栄養ケアの実施内容

  • 栄養食事療法,栄養補給の実際
  • 保健機能食品と特別用途食品の活用

4. 栄養ケアの記録

5. 問題志向型システム(POS)の活用

  • 問題(problem)
  • 志向(oriented)
  • システム(system)

6. SOAPに基づく記録

  • S(subjective data,主観的情報)
  • 0(objective data,客観的情報)
  • A(assessment,評価)
  • P(plan,計画)

7. 傷病者への栄養教育(指導)

  • 栄養教育(指導)の意義と目的
  • 栄養食事指導の方法
  • 栄養食事指導の流れ
  • 栄養食事指導の要点
  • 栄養食事指導の結果の報告
  • 医療チームによる指導(カンファレンスへの参加)
  • 栄養食事指導の媒体
  • 栄養食事指導システムのアセスメント

8. 行動科学理論とカウンセリングの応用

  • 行動科学理論
  • カウンセリングの応用
  • Advanced 管理栄養士として現場で何を求められているか

第8章 栄養ケアの評価【土江節子】

1. 臨床経過のモニタリング,リ・アセスメント

  • 病態(臨床症状)や栄養状態のモニタリング,アセスメントと栄養ケアプランの修正
  • 栄養摂取量・食生活状況の把握とアセスメント,栄養必要量のアセスメント
  • 栄養補給方法のアセスメントと修正
  • 栄養ケアの修正

2. 評価の種類

  • 過程(経過)評価
  • 影響評価(短期目標)
  • 結果評価(中期・長期目標)
  • 総合評価
  • 経済評価

3. 臨床介入の評価

  • 無作為化比較試験
  • コホート研究の応用
  • 介入前後の比較
  • 症例対照研究の応用(後ろ向き研究)
  • 事例評価(個別)

4. 評価結果のフィードバック

  • Advanced 「かかりつけ医」と「病院」の連携 (例:糖尿病)

Column Index

  • 診療報酬の改定とは?
  • 管理栄養士の仕事場って?
  • 栄養アセスメントタンパク ~RTP
  • 家族歴を読み解くためのジェノグラム
  • WHO/QOL-26
  • 臨床検査の変動要因
  • 定期的なアセスメントによる必要栄養量の調整
  • 間接熱量測定法による呼吸商(RQ=VCO2/VO2)のアセスメント
  • リフィーディング・シンドローム(refeeding syndrome)
  • 治療食の変革
  • 食品,栄養素の“副作用”
  • インフォームドコンセント(informed consent)
  • 体重の増減を考える
  • バクテリアルトランスロケーション(BT)
  • 食事療法の先駆者 ~高木兼寛
  • 医師からの依頼に対し,管理栄養士による栄養食事療法計画が異なる例
  • 問題点とその原因をとらえよう
  • 再指導はどのように行う?
  • 糖尿病療養指導士
  • 行動療法とカウンセリングの人間観
  • 経腸栄養剤の摂取状況把握の必要性
  • 経口摂取の重要性

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】栄養科学イラストレイテッド:臨床栄養学 基礎編
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +270円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +750円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +960円
第2地帯(ヨーロッパ) +960円
第3地帯(アフリカ、南米) +1250円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758108829
  • 9784758125598
  • 9784758125550
  • 9784758104029
  • 9784758104005
  • 9784758113670
  • 9784758122559
  • 9784758113656
サイドメニュー開く

TOP