レジデントノート別冊

できる!見える!活かす!

グラム染色からの感染症診断

検体採取・染色・観察の基本とケースで身につく診断力

  • 田里大輔,藤田次郎/著
  • 2013年05月31日発行
  • B5判
  • 151ページ
  • ISBN 978-4-7581-1739-5
  • 定価:3,300円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
PDFダウンロード

感染症診断に必須のグラム染色がまるごとわかる,医師のための入門実践書!検体の取扱い・染色の原理・方法から,各感染症の診断での活かし方まで,豊富な画像・図表とともに基本からやさしく解説します.

目次

Part1 基本編

1 グラム染色を行う際に押さえておきたい“5つのポイント”

1)「感染症診療におけるグラム染色の位置づけ」を知っておく
2)「適切な検体を採取することの重要性」を知っておく
3)何が見えるかを前もって予想する
4)見えているものを表現する力を身につける
5)「グラム染色の限界」を知っておく

2 検体の採取と取り扱いについて

1)喀痰
2)尿
3)便
4)胸水・腹水
5)髄液
6)皮膚・軟部組織(膿汁など)
7)血液

3 グラム染色の原理と実際の染色,および観察手順

1)グラム染色の原理
2)塗抹標本の作製
  • 検体のとり方と塗り方
  • 塗抹標本の乾燥と固定
  • 染色手技の実際
  • 塗抹標本作製と染色方法のまとめ
3)塗抹標本の観察
  • 鏡検の手順と顕微鏡の使い方
  • 観察する際のポイント
  • 鏡検所見の表記法
  • グラム染色で推定可能な細菌
  • 貪食像とpolymicrobial pattern
  • 微生物以外に見えるもの
  • 観察が終わったら
  • 観察のまとめ

4 グラム染色による起炎菌の分類

1)起炎菌を分類する目的とは?
2)グラム染色を活かした臨床的な細菌の分類
3)カテゴリーで理解する起炎菌の特徴

5 グラム染色以外の簡便かつ有用な染色法

1)抗酸菌染色
2)メチレンブルー染色
3)Diff-Quik®染色
4)好酸球染色(Hansel染色)
5)墨汁法

Part2 実践編

1 呼吸器感染症-市中肺炎① ~学ぼう!喀痰を見るための基本的な知識~

1)まずは「適切な検体」を得ることからはじめよう!
2)喀痰を客観的に評価するための分類を知っておこう!
3)主要な起炎菌のグラム染色所見を押さえよう!

2 呼吸器感染症-市中肺炎② ~起炎菌が見えないときに考えることは?~

1)検体を「採りにいく」のは,いつでも基本中の基本!
2)抗菌薬が効かない,起炎菌がわからないときのアプローチは?
3)起炎菌のふりをした常在菌に気をつけろ!
4)グラム染色で染色されない呼吸器感染症の起炎菌を知っておこう!

3 呼吸器感染症-院内肺炎 ~患者背景と耐性菌を考慮したアプローチが鍵!~

1)院内肺炎でも積極的にグラム染色を行うアプローチは同じ!
2)起炎菌は1種類とは限らない!
3)グラム染色では,患者背景も念頭におきながら観察しよう!
4)院内肺炎診療におけるグラム染色の位置づけを押さえておこう!

4 尿路感染症 ~単純? 複雑? それとも…?~

1)尿路感染症を疑ったら,まず「膿尿」と「細菌尿」を確認しよう!
2)尿路感染症のパターン分類を押さえよう!
3)腎盂腎炎の特徴と治療方針を確認しておこう!
4)カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)の特徴と起炎菌
5)性感染症の要素がある尿路感染症のマネージメント

5 腸管感染症 ~状況に応じた下痢へのアプローチ~

1)グラム染色で診断可能な急性下痢症の起炎菌
2)院内で発症した下痢症へのアプローチ
3)性感染症としての腸管感染症

6 血流感染症 ~疑って血培をとること!それがいちばん大事~

1)発熱患者に心雑音や末梢の塞栓症状をみたときには…
2)感染性心内膜炎(IE)の診断基準と起炎菌を押さえておこう!
3)発熱の原因で忘れてはならないカテーテル関連血流感染症(CRBSI)
4)カテーテル関連血流感染症(CRBSI)の診断と治療について

7 皮膚・軟部組織感染症① ~皮膚所見に騙されてはいけない感染症~

1)下肢の症状と触診所見から疑うべき疾患は?
2)壊死性筋膜炎の診断と治療方針

8 皮膚・軟部組織感染症② ~外来で遭遇する耐性菌感染症~

1)膿痂疹から急速に進行した多発皮膚潰瘍の原因は?
2)市中感染型MRSA(CA-MRSA)とは?

9 皮膚・軟部組織感染症③ ~注意すべきβ溶血性連鎖球菌感染症~

1)血液培養をとる者は,血液培養に救われる!
2)腰痛を伴う発熱…原因は腎盂腎炎???
3)連鎖球菌の分類とその特徴
4)G群連鎖球菌による感染症の特徴

10 中枢神経感染症 ~迅速な対応が必要とされる細菌性髄膜炎~

1)疑うことからすべてが始まる内科エマージェンシー!
2)細菌性髄膜炎の診断プロセス
3)細菌性髄膜炎の治療方針

ミニコラム

  • 染色をする前に必要な「目的意識」と「こだわり」
  • レジオネラ肺炎を疑うポイントは?
  • それって本当にただの肺炎ですか?
  • 院内感染の起炎菌“SPACE+α”
  • ウロバックが紫色に染まる!“purple urine syndrome(PUBS)”
  • 心に残る症例~赤痢アメーバ大腸炎と思ったら…?~
  • 1つの診断だけで安心してはいけない!HIV感染症
  • 抗酸菌以外に抗酸性をもつ細菌

『1 呼吸器感染症―市中肺炎①』より抜粋

グラム染色からの感染症診断 立ち読み1 グラム染色からの感染症診断 立ち読み2 グラム染色からの感染症診断 立ち読み3 グラム染色からの感染症診断 立ち読み4

-後略-

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】レジデントノート別冊:できる!見える!活かす! グラム染色からの感染症診断〜検体採取・染色・観察の基本とケースで身につく診断力
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +330円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758123426
  • 9784758112109
  • 9784758116350
  • 9784758123419
  • 9784758118569
  • 9784758123402
  • 9784758123396

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • m2plus eBookStore
  • Kinoppy
  • VarsityWave eBooks