監修/佐藤隆一郎(東京大学大学院農学生命科学研究科)

本コンテンツでは,食品学分野における基礎医学にも通じる第一線の研究成果をご紹介いただきます.予防医学を実現する食品の秘められた力にご注目ください.(編集部)

本コンテンツは,実験医学同名連載(2016年8月号〜2017年7月号予定)からの転載となります.文中の施設,所属名は誌面掲載時のものとなります.

第6回
フードケミカルエピジェネティクスによる骨粗鬆症予防
紅茶成分テアフラビンがDNAメチル化制御を抑制する

著/西川恵三 [2017年1月号掲載](2017/07/04公開)


.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

著者プロフィール

西川恵三:2005年,筑波大学大学院人間総合科学研究科分子情報生体統御医学専攻(指導者 山本雅之教授)修了.同年,東京医科歯科大学(指導者 高柳広教授,現 東京大学)研究員・特任助教,’10年,独立行政法人医薬基盤研究所研究員,’11年,大阪大学免疫学フロンティア研究センター(研究室PI 石井優教授)特任助教を経て,’15年より同センタ−特任准教授.研究テーマ:ロコモティブ症候群の予防ならびに健康寿命の延伸をめざしたフードケミカルエピジェネティクス研究.

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート