News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

明らかとなるうつ関連行動の分子メカニズム

ジョンズホプキンス大学医学部 神谷 篤

まざまな精神疾患の病態生理における,免疫,炎症系シグナル異常の関与は,多くの臨床,基礎研究により支持されている.しかしながら,その分子メカニズムについては,ほとんど理解されていない.本研究でGaoらは,不安やうつ症状を特徴とする精神疾患の動物モデルであるsocial defeat stress model(社会的敗北ストレスモデル)を用い,アストロサイトにおける主なgliotransmitterの1つであるATPが,うつ病様行動を制御していること

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2013年11月号 Vol.31 No.18
数理的アプローチで迫る がんの本当の姿
新たな治療戦略を描きだせ!

松田道行/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート