News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

明らかとなるうつ関連行動の分子メカニズム

ジョンズホプキンス大学医学部 神谷 篤

まざまな精神疾患の病態生理における,免疫,炎症系シグナル異常の関与は,多くの臨床,基礎研究により支持されている.しかしながら,その分子メカニズムについては,ほとんど理解されていない.本研究でGaoらは,不安やうつ症状を特徴とする精神疾患の動物モデルであるsocial defeat stress model(社会的敗北ストレスモデル)を用い,アストロサイトにおける主なgliotransmitterの1つであるATPが,うつ病様行動を制御していること

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2013年11月号 Vol.31 No.18
数理的アプローチで迫る がんの本当の姿
新たな治療戦略を描きだせ!

松田道行/企画

新刊・近刊  一覧

総力戦で挑む老化・寿命研究
あなたのラボにAI(人工知能)×ロボットがやってくる
ラボ必携 フローサイトメトリーQ&A
はじめの一歩の病理学 第2版
ヒト疾患のデータベースとバイオバンク
The オートファジー 研究者たちの集大成が見える最新ビジュアルテキスト
科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版
脳神経ペディア 「解剖」と「機能」が見える・つながる事典
認知症 発症前治療のために解明すべき分子病態は何か?
実験医学増刊 Vol.35 No.10 がん代謝 ワールブルグを超えて全容解明に挑む
エピジェネティクス実験スタンダード
遺伝医学
実験医学増刊 Vol.35 No.7 生体バリア 粘膜や皮膚を舞台とした健康と疾患のダイナミクス
行動しながら考えよう 研究者の問題解決術
Rとグラフで実感する生命科学のための統計入門
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍

用語解説

バイオキーワード集 新着 (10/10更新)

プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート