News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

骨代謝の新たな参加者:骨と血管の蜜月関係

東京大学医科学研究所 田口 祐

織が発生・成熟するにあたり,組織細胞へ血液を届ける道(血管)もともに成熟していくのは容易に想像でき,硬組織である骨においても他組織と同様に組織側の細胞と血管細胞が相互作用していることが近年明らかになってきている.私たちの身体を支持する骨は,胎児期に発生した軟骨を破骨細胞が分解し,そこへ骨芽細胞が骨をつくることで発生・成熟することが知られている.また,生後においては,破骨細胞の骨分解活性と骨芽細胞の骨形成活性がほどよいバランスを保ちながら,骨は常に代謝されてその強度を維持している.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年5月号 Vol.33 No.8
医療・創薬に向けた立体臓器をつくる
細胞の性質を利用し、工学的に組み上げる

竹内昌治/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート