News & Hot Paper Digest
ニュース

キャリアとしての博士からの起業

ベンチャーキャピタルANRI 宮﨑勇典

2020年10月6日に,京都大学の研究成果の実用化をめざしたイクスフォレストセラピューティクス社(以下,xFOREST)が武田薬品工業との共同研究を開始したニュースを発表した1).研究室出身の博士・現役の博士課程の学生で立ち上げたxFORESTが創業初期にもかかわらず,世界中の技術シーズを見ている大手製薬企業との共同研究契約を締結したというのは,日本の大学発のスタートアップの一つの潮流を感じる.本稿では,xFORESTがなぜ創業直後に大手製薬企業と共同研究の契約に至ったのかをひもときつつ,国内外のバイオベンチャースタートアップの動向について紹介する.共同研究契約につながった一つの大きな要因はアカデミアでのオリジナリティの非常に高いかつ発展性のある研究を実施していたことである.この研究を率いるのは,京都大学のiPS細胞研究所の齊藤博英研究室の樫田氏・小松氏が,合成生物学が現在ほど一分野として立ち上がってきていない時代から研究開発に従事してきたチームであり,現在のxFORESTの技術の根幹を開発してきた.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2021年1月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2021年1月号 Vol.39 No.1
新型コロナで変わる時代の実験自動化・遠隔化
プロセスの精度と再現性を向上し研究の創造力を解き放て

夏目 徹,高橋恒一,神田元紀/企画
サイドメニュー開く

TOP