科研費獲得の方法とコツ
速報

羊土社では,初めて科研費を申請する研究者,慣れていない研究者へ向けて,科研費の概要・応募戦略の立て方・申請書の書き方などを解説した単行本『科研費獲得の方法とコツ』(現在は第7版)を刊行しています.

ここでは,常に変更している科研費の制度に関して,本書の内容から更新された情報を,著者の児島将康先生に「速報」として随時紹介していただきます.ぜひ定期的にチェックしてください.

【速報】
基盤研究(B, C),若手研究,挑戦的研究の公募も開始!―申請書様式の変更あり(2021.08.03掲載)

令和4年度の科研費の公募時期・締切時期が早まったことはすでに知っていることと思う(2021.4.21掲載の速報参照).7月1日に基盤研究(S, A)の公募が開始されたが,8月2日には基盤研究(B, C),若手研究,挑戦的研究の公募もはじまった.

先日の速報(2021.7.9掲載)では「推測」だったが,基盤研究(B, C)と若手研究の申請書も,基盤研究(S, A)と同様の変更が加えられている.具体的には,これまでの「2 本研究の着想に至った経緯など」の部分が「1 研究目的,研究方法など」に組み込まれて, 5つのポイントで記載することになった.詳細は,先日の速報「令和4年度の公募の注意すべき3つの変更点―申請書の変更あり」を読んでほしい.

参考情報

本書関連項目

  • 2章-4.審査のしくみ(P37〜P44)
  • 3章-2.申請書の書き方(P102〜P104,P117〜P159)

科研費獲得ウェビナー for 2022

これまでの速報


TOP