眠りについて

質問10 コーヒーを飲んでも爆睡してしまいますが,カフェインが効く体質,効かない体質があるのですか?

解 説

眠気覚ましに使われるカフェインの効き方には個人差があることは古くから知られています.初期の研究ではカフェイン感受性のある人とない人ではカフェインの薬物動態に違いがあると考えられていたのですが,一致した結論はみられず,個人差がどうして生じるのかはよくわかっていませんでした.

近年,カフェインは,直接,脳に対して覚醒物質として作用するのではなく,睡眠を促進するアデノシン受容体の阻害薬として作用し,覚醒作用を促すことがわかってきました.さらにアデノシン受容体に関する研究が進んできたことから,遺伝子の個人差であるSNP(スニップ)を利用してアデノシン受容体の遺伝子の個人差とカフェインの感受性や不眠との関連を調べた研究が報告されるようになってきました1).こうしたSNPによる研究では,やはり,アデノシン受容体遺伝子の個人差によってカフェインの感受性が異なり,その結果,不眠が生じる人とそうでない人が生じるようです.

ただし,カフェインに強くても,その摂取量が増えると,習慣性,中止時のリバウンドといった問題が生じますし,加齢に伴ってカフェインの代謝が悪くなり,若いときにはカフェインを飲んでも眠れていたのが,高齢になると不眠を生じることもあります.いくら,カフェインに強くても,不眠の方ではその代謝時間を考え,夕方以降のカフェイン摂取は控えるべきです.

参考文献

  1. Retey, J. V., et al.:A genetic variation in the adenosine A2A receptor gene (ADORA2A) contributes to individual sensitivity to caffeine effects on sleep. Clin Pharmacol Ther, 81:692-698, 2007

本連載の著者による単行本が発行いたしました!

内科医のための不眠診療はじめの一歩

内科医のための不眠診療はじめの一歩

小川朝生,谷口充孝/編

定価 3,500円+税, 2013年2月発行

詳細 購入

プロフィール

谷口 充孝(Mitsutaka Taniguchi)
大阪回生病院睡眠医療センター
香坂 雅子(Masako Kohsaka)
石金病院
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Prev質問10Next

TOP

おすすめ書籍

  • レジデントノートVol.13 No.7 2011年8月号「どう対応する? 処方する?第1特集 入院患者の不眠/第2特集 急性期のせん妄」
  • レジデントノート増刊 Vol.14「答えが見つかる!慢性疾患への薬の使い方」
  • Dr.岩田健太郎のスーパー指導術
  • やさしい英語で外来診療
  • よろずお助けQ&A 高齢者の薬よろずお助けQ&A100
サイドメニュー開く

TOP