編集部レポート

「林寛之先生のStep Beyond Resident セミナー」を開催しました!

開催日: 2017年10月7日(土) 会場:エムワイ貸会議室お茶の水 

2017年10月7日,東京御茶ノ水にて「レジデントノート250号発行記念 林寛之先生のStep Beyond Resident セミナー」を開催いたしました.

Step Beyond Resident セミナー写真

先月発行の11月号が通巻250号となるのにあたり,「読者の皆さまに何かお礼がしたい!」「学びの機会をご提供できれば」「それなら,小誌創刊後まもない2002年から連載でずっとお世話になっている林寛之先生にぜひお願いしたい!」と,企画したセミナーです.当日は全国からたくさんの医師や医学生,診療看護師にお集まりいただきました.

2つの講義のうちの1つ「ECGが世界を救う」では,急性心筋梗塞の非典型を見逃さないコツ,脚ブロックに強くなる方法,などさまざまなアドバンストな内容について,体を使った心臓や心電図波形の実演を交えながら,わかりやすく教えていただきました.

Step Beyond Resident セミナー写真

もう1つの講義「救急室の困ったチャン」では,医療者が陰性感情を持ってしまうかもしれない困った患者さんについて,患者さんの話の真意を読み取る方法,心折れないための秘策,身の危険を感じる場合の対応法,診療録記載の極意など,診療を超えたスキルを先生の病院でのやり方を例にしながら具体的にお話しいただきました.とにかく医療者は怒らない! 患者さんは敵ではなく,共通の敵は病気であるのだから,患者さんに「Love & Respect」をもち,病院に1歩入ったら良い医者になりきって,「来て良かった」と思わせるのがプロ! と強調されました.教科書では学べない,林先生の迫力と説得力のあるお話に,ぐいぐい引き込まれ,時間が経つのも忘れそうでした.

そして質問コーナーでは,参加者の悩みに対し,林先生がご苦労や努力をされながら培われた人間力を存分に伝授していただき,充実の時間となりました.

林先生,そしてご参加くださった皆さま,ありがとうございました!

年末頃には,林先生の大人気シリーズ書籍第1巻が全面アップデート,大幅ボリュームアップし,「改訂版 ステップ ビヨンド レジデント 1 救急診療のキホン編 Part1」として発行になる予定です.本書のなかで,この日の講義内容をじっくり読めますので,発行時はぜひ手に取っていただけますとうれしいです.

Step Beyond Resident セミナー写真

(編集部)

サイドメニュー開く

TOP